自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

占い・スピリチュアル 心霊現象・呪い対策・対処法 都市伝説系 降霊術・危険な遊び

霊視とは何か?視える人と視えない人の違い

霊視不可能な依頼者がいる

メディアや雑誌などで流行りの霊視。
相談者の傍らにいる守護霊からのメッセージを受け取り、相談者に届ける手法のことだ。

しかし、相談者の中には霊視不能な人間もいる。そして、その「視えづらい人」とされる人間には、ある共通点があった・・!

まずは霊視の概要についてお伝えし、その上で視える人と視えない人の違いについて解説していく。

霊視とは

霊視という文字は、「霊が視える」と書く。
ここで言う「霊視」とは、いわゆる怪奇現象や成仏出来ない霊の姿が見えることとは違う。ここでは、依頼者の守護霊からのメッセージを受け取ることが出来る能力のことを指す。

例えば、霊視能力者があなたの前世から脈々と繋がる事象を把握している守護霊にお尋ねをし、メッセージを受け取る。それを踏まえて依頼者の質問に答えていくわけだが、場合によっては鑑定出来ないことがある。「霊視を受けることが出来ない人」つまり、霊視能者が言う、「視えない」現象とはこのことだ。

霊視で守護霊から受け取れるメッセージ

  • 前世について
  • 相談者の生まれ持った性格
  • これから先に待ち受けるトラブル・試練などの未来予測

※上記はあくまで参考例の一部。

ほかにも、お金回りや夢、目標達成の力などについて鑑定してもらう人もいる。相談可能な項目については、霊視能力者によってバラつきがある。

霊視で視える人と視えない人の違い

霊視能力者だからといって、あなたの望む答えをすべて導き出せるわけではない。というのも、視える人と視えない人がいるからだ。

鑑定可能な状態というのは、「守護霊の協力が得られる」ことが大前提にある。つまり、霊視鑑定には、視える・視えない、だけではなく、正しく視えない・詳細に視えるという現象も有り得るのだ。

では、その違いと理由について見ていこう。

「視えない」人の特徴

守護霊に見放されている。

守護霊からのメッセージを受け取ることで鑑定を進める霊視において、守護霊から見放されていることは致命的だ。もちろん霊視することは出来ない。

では、守護霊から見放されている人には、どういった特徴があるのか。

  • 怠惰な生活を送っている
  • 守護霊の存在を信じていない
  • 悪行を平気で行う癖がある
  • 利己的で物事に感謝をしない
  • 嘘つき

上記のような特徴を持つ人間は、霊視がうまくいかない場合がある。守護霊の状態が著しく悪くなっていてメッセージが歪んでしまっていたり、メッセージを送るだけの力が残っていない場合があるのだ。守護霊は霊体であるだけにエネルギーの干渉を受けやすい。また、守護霊自体が、悪事を働く人間に対してメッセージを送ろうとしていない場合だってあるのだ。

つまり、清く正しく人生を送る人間だけが、正しく「視える」状態にある。霊視相談に行ったにもかかわらず、望む鑑定結果が何一つ得られなかった人は、守護霊に見放されている可能性が高い。「視える」人の特徴に学び、今度こそ望む鑑定結果を手に入れよう。

「視える」人の特徴

守護霊との関係性が強い。

守護霊は縁故者であることが多い。血縁者はもちろん、動物であることもある。そして、霊というだけあって、物理法則に囚われることなく、過去や未来、気や心などすべてを見通すことができるのだ。故に、生きている人間と違って純粋で大観的だ。絆が強ければ強いほど、その関係性や力も強まっていく。

そんな、守護霊に好かれ、惜しみなく加護を受けられる人にはどのような特徴があるのか。

  • 穏やかで愛情深く生きている
  • 自分を省み人に優しい
  • 誠実で働き者
  • 勤勉で努力家
  • 怠慢とは無縁

いわゆる「生き方の見本」のような存在は、守護霊から非常に気に入られやすく、霊視がしやすい傾向にある。

守護霊は本来、対象者を守りたい、何かしらの縁があるなど、対象者に対してメッセージや干渉を試み続けてくれている存在である。つまり、その霊的絆が強い人であるほど、メッセージや干渉の力自体が強く明確になってくるのだ。

守護霊にとって居心地の良いエネルギー環境、護りたい、伝えたいと思ってもらえる人間となれば、霊視鑑定結果はより詳細な答えとなって返ってくるだろう。

守護霊との絆が深い人間になろう

もし、守護霊が高いレベルの霊で、善悪も含めて面倒を見てくれているのなら、たとえ悪人だったとしても、それを踏まえて強いメッセージを送ってくれることもあるだろう。しかし、言語を持たないレベルの霊だったりすると、負のエネルギーを纏う悪人には全く干渉せず、ただそこにいるだけという状態も有り得るのだ。

守護霊というのは、あなたの傍らにいつも寄り添う存在。目には見えなくとも、積み重ねてきた善行はしっかりとチェックされているのだ。負のエネルギーに飲まれず、守護霊を涜さない、そんな生き方を心がけていれば、守護霊は自ずとあなたに力を貸したいと、メッセージを送り続けてくれることだろう。

自分の過去・未来をきちんと知りたいのであれば、日々の行いを正すこと。それが、望む霊視結果を得る近道であり、守護霊に見守っていてもらえる方法なのだ。

-占い・スピリチュアル, 心霊現象・呪い対策・対処法, 都市伝説系, 降霊術・危険な遊び
-, ,

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2022 All Rights Reserved.