自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

恋愛成就の呪い 日本の呪い 海外の呪い

本当に効果があるのか?強力な恋愛成就の呪い・魔術や呪術の真実とは

恋愛の願いには様々な種類があります。

片思い、良縁、結婚、縁切り、不倫恋愛、略奪愛、復縁、和合など、これら以外にも多くの願望が存在し、願望の数だけ呪い・魔術や呪術の種類も増えます。

しかし、願いを持つ人にとって最も大切なのは「どんな術なのか」ということではなく、「本当に効果があるのか」ということです。

今回は恋愛成就の呪い(まじない)・魔術や呪術の真実について多面的に解説していきます。

恋愛成就の呪い・魔術や呪術って何なの? それぞれの違い

この項目では恋愛成就の呪い・魔術や呪術の「性質」の違いについて解説いたします。

基本的な流れとして「呪い⇨魔術・呪術⇨呪い」というものがあるのです。

最初に生まれたのが呪いでありますが、現在の呪いとは大きく異なることがあります。最初に生まれた呪いの大部分は祈りの要素が強く、現在に比べて実用的なものではありませんでした。理由として時代背景として仕事や文化という面で恋愛結婚という思想が強くなかったのです。

つまり、各々が家の仕事があり「家系を継続させるための結婚」であるので、子孫の繁栄が目的にあります。当然、人間でありますので「好き」という感情はあったのですが、現在での恋愛感情とは異なるものでした。そのため、結婚できない=家系が終わるということなので目的意識が現在との大きな差になります。

また、当時の感覚として「結婚できない」ということ自体が殆どないので、実践的に個人を狙って呪いをするというよりかは、家の繁栄のために良い人と結ばれたいという呪いでした。

次に、時代的に権力や身分、職業が形成されたことで従来の願いとしての呪いが職業として技術発展していく事になります。つまり、恋愛や結婚に対して「ニーズ」が生まれてくるのです。権力的に結婚したい相手、恋愛感情として結婚したい相手というものが発生する中で呪いは魔術や呪術として進化して時代の中で多方面に台頭する事になります。

ここで基礎的な話ですが魔術と呪術の違いについて簡単に解説いたします。

魔術と呪術といった括りで違いを解説すれば、多くの違いがあるのですが基本は根本に「呪い」があるので同じです。中華料理と日本料理の違いをはっきりさせる事に意味はなく、文化や風土に合わせて異なる発展をしただけのものであって「料理」であることに変わりがありません。その中では食文化として調理法や作法は異なりますが、「美味しい」「腹が膨れる」「栄養がある」という一番大事な部分は同じように魔術と呪術も一番大事な部分は同じです。

この違いについて言及し、区別するのはナンセンスであって、「日本のラーメンと本国のラーメン」「日本の寿司と海外の寿司」が違うように、日本魔術も日本人に合わせて変化しているので分けること自体がが不可能になります。

本題に戻りますが、長く続く中で魔術や呪術は次第に敷居が高くなります。その背景には宗教の大きな影響がありますが、権力者にとっての特権として確立されていきます。その中で魔術や呪術は一般人と距離が離れますが、近かった時期に伝わった未完成の魔術や呪術が庶民の風習的な「呪い」として別離したのです。

しかし、階級制と魔術と呪術の権威は消失した現代では魔術師、呪術師は特権階級から離れた無職の集団になり、権力によって作りあげられた敷居を無くして一般人向けの商いを開始します。

結論として、現状において「現代的呪い」と「一般向け魔術・呪術」が存在します。

「現代的呪い」は魔術・呪術との離別後に技術的な発展がないため効果も低いが、誰でもできることが特徴です。対して「一般向け魔術・呪術」は権力者向けに作られた技術力が高い専門家ですので、効果は高いが料金も当然かかるという特徴があります。

恋愛成就の呪い・魔術や呪術の効果について 種類別に解説

François Boucher, Allegory of Painting, French, 1703 - 1770, 1765, oil on canvas, Samuel H. Kress Collection

次に効果的な意味での違いについて解説を行います。完全な区別はできないのですが、傾向として見ることができます。

自力向上系の恋愛成就

効果:魅力の向上や容姿端麗になれるなど、内面的・外見的に自分の恋愛の力を向上させるものです。恋愛成就の呪い・魔術や呪術において最も基本的な効果です。大きく二分化すれば大多数の人を惹きつける力と特定の個人に合わせて最適化して惹きつける力の二種類があります。単純に自身のポテンシャルを底上げもしくは、最大限伸ばして恋愛成就を叶える魔術です。現在の力+術の力の場合は効果終了後に状態は元に戻りますが、現在の力を成長させるタイプの術は永続的な力を得ることができます。この自力向上系の傾向が強い術は術師が一部コンサルタント的に恋愛成就まで補助してくれる場合が多いです。

メリット:根本的に自力での恋愛成就なので、破局率が低くなります。恋愛以外でも人から愛される効果が良い方向に進み人間関係や仕事などで有利になります。また、達成感も強くなるので自力という部分に魅力を感じる人にはおすすめです。

デメリット:相手への効果がないため成就率が自分の行動によって左右されてしまいます。また、広く好かれるタイプの術は意中でない相手もしくは、タイプでない相手から一方的に好かれてしまうため、逆効果になる場合もあります。

相手操作系の恋愛成就

効果:魅了や人身操作など相手の感情を変化させる術です。特定の個人の感情や記憶、認識を操作して強制的に恋愛感情を発生させることができ、逆に縁切りでは恋愛感情を消失させる目的で用いることもあります。非常に強力な場合が多く、催眠に近い技術です。また、このタイプの術式はアイテムとして用いられることも多く、香水やアクセサリーに対して効果を付与する事に適しています。自力向上系とは異なり、強力であるが故に術の施術完了で終了することが多く、コンサルタント的な要素がありません(必要としません)。

メリット:強力な力で相手の感情や行動を変えるので、自身の行動に関係なく成就率を維持することができます。特定の相手を狙い撃ちする効果があるので、目的の男性のみからの好意を獲得できます。

デメリット:効果期間中に相手を本当に好きにさせないと成功までのハードルが高くなります。また、奥手な男性は好意を表に出さないので効果に気付きにくいかもしれません。術の効力はピンキリなのでギャンブル要素が強いです。永続的な術もありますが、交際後に相手に冷めた時に別れられない・相手の束縛や嫉妬が強かったり、更にはストーカー化するということもあるので覚悟の必要な術です。

縁結び系の恋愛成就

効果:良縁祈願に多く、上記の二つとは全く異なる性質を持っています。基本的に「祈り」の要素が強く、霊魂のレベルで行う術なので「魅力をあげる」「好きにさせる」とは別次元の術です。簡潔に表すならば「運命を変える術」です。副次的に自力向上・相手操作の効果を多少は伴いますが、現実世界での俗世的な恋愛の意味は薄くなります。種類としては最適解タイプと目的解タイプがあり、最適解タイプは「自分にとって一番幸せになれる相手」との縁を結び、目的解タイプは「目的の条件に合った・目的の相手」との縁を結ぶ二種の術が主軸です。

メリット:大きく目立つデメリットがないということがメリットになります。理想・目的の相手と運命共同体になれるという点で、長い目で人生を見たときに最も自然体で幸福度が高いとされている術です。また、金運などの他の運気も上がる場合もあることが利点です。

デメリット:効果期間がない代わりに、見通しが立たないという実践的要素が低い所が強いて言うならばデメリットになります。多少は術師との相談で解決できますが、基本的に自分にも相手にも表面的な効果がないので急ぐ方には適しません。

未来占い系の恋愛成就

効果:厳密には「占術」という別のジャンルの術なのですが、今回は解説いたします。基本的に施術を依頼する場合には付属している術です。鑑定と呼ばれることがありますが、他とは独立していると言う点が特徴なります。施術を行う際の指針を立てるために術師が行うのですが、未来占い系を専門にすることもあり、個人と専門家では一番差が出る分野です。技術の高い術師だと数万通り以上の未来を予知のレベルで見ることができるのですが、自分の運命を知った事で運命が変わることもあるので報告は行われないこともあります。

メリット:技術の高い術師を見つけ、アドバイスが継続的にもらえる場合に的確に恋愛成就を成し遂げられることができます。

デメリット:あまり成就を主眼とした術ではないため、恋愛成就に対する効果はないです。直接何かのギフトがあるわけではなく、可能性を知る目的となります。個人では知った情報の活用が難しい部分も大きいので、慎重な選択が必要です。

相性の良い組み合わせ方について

以上の四系統の中で組み合わせの良いものを数個紹介します。

【自力向上:相手操作】

相手操作系で成就後に自力向上を行うことで、本当の愛情を獲得できる確率が高くなります。お互いの恋愛的な相性も高まる、とても良いハイブリットの型式です。多く場合、恋愛には努力が伴うので根本的に自力で交際開始が難しい場合も往々にしてあります。ですので、操作期間を短めに設定し、「きっかけ」や「突破口」を作れるという意味でとても良い組み合わせです。

【縁結び:相手操作】

縁結びの場合は相手を操作することで出会いまでの期間を短縮することができます。ですので、同時に行うことで早期の出会いや、出会った瞬間に「瞬間的好意」を抱かせる程度の操作の術を加えるのが最適であると言えます。しかし、この組み合わせは難易度が高い術なので、技術的に再現できる人はあまりいません。

【縁結び:未来占い】

縁結びのデメリットとして見通しが立たないことがありますが、未来占い系と組み合わせることでデメリットの解消が可能になります。縁結び後に「どの段階で」「どんな相手と」出会うのかということを知れる安心を得ることができます。ただし、この組み合わせは偽物が一番多いので注意する必要があります。

主にこの三種類の組み合わせがとても相性が良く、双方の持つデメリットを相殺することができます。しかし、組み合わせる場合は「同じ術師でないと意味がない」ということと「基本的に最適化が終わっている」ということに注意が必要になります。

冒頭に説明したように傾向の解説であり、完全に区別するものではありません。ですので各術の傾向を見極め、自分の中で「どの程度の比率で組み合わせているのか」というブレンド具合を吟味するのに役立てて下さい。

※個人的に行う呪いで組み合わせは不可能です。

恋愛成就の呪い・魔術や呪術の真実とは 効果はあるの?

ここからは強力な恋愛成就の呪い・魔術や呪術の核心に迫る「真実」の解説を行います。

最初の項目で解説したように「魔術師・呪術師」は職業であくまで商売をしているのです。これは、過去に政府直轄や貴族御用達だった頃から同じことなので問題ではありません。

しかし、多くの魔術師・呪術師が「救済」を謳います。そこに矛盾点が生じた結果が世間一般の考える「胡散臭さ」であります。科学の発展の影響も大きいのですが、長期間において一般人との間に距離のあった魔術や呪術にとってこのことは当然です。

結論から申しますと、魔術・呪術は効果があります。呪いは五分五分です。

しかし、この真実と社会的認識の間にある齟齬を生んでいるのが「救済」の一言なのです。この、齟齬の原因は魔術師・呪術師の用いる「救済」と一般社会での「救済」の認識の差なのです。少し複雑な話になるので例え話を用いて説明します。

魔術師・呪術師の用いる「救済」

とあるA国の姫が魔術・呪術の効果でより強いB国の王子と結婚できるように施術を行いました。結果的にA国はより強い国力を手に入れ、国の人民は豊かで安全な生活が確保され救済されました。

一般社会で用いる「救済」

Aさんはとても困窮した生活を送っています。そこに聖なる魔法使いが現れてAさんに美貌と幸運を与え、結果的に裕福な男性と結婚することができ、救済されました。

これら双方の救済の違いは「公務的」「シンデレラ的」な救済の認識の違いであり、長期間において国家直属として働いてきた魔術師・呪術師たちは職業として術を行なっているのです。しかし、一般社会にとっては魔術師や呪術師の伝承や希望が先立って伝わったため、隔絶された存在として誤認されているのです。術師たちにとっては職業なのですが、一般社会にとっては人間ですらない場合もあります。

つまり、シンデレラ的発想の根付いた一般では「救済」は無償なのですが、術師にとっては「救済」は明確な仕事なのであります。

これは完全に全てに当てはなる話ではく、本当に無償で救済を行う魔術師・呪術師もいます。その事実が認識にさらに大きな差を生み、いわゆる「胡散臭さ」に拍車をかけてしまっているのです。

しかし、事実として魔術師や呪術師は国家直属の機関として国を救済してきたことも事実であり、効果に差が出るものではありません。実際に魔術や呪術には豪華な宝石や貴金属、天然素材、高品質の道具を用いて、長期間におよぶ厳しい儀式、72時間の断続詠唱などを行うのです。

真実の話として、魔術・呪術儀式の費用の約7割は素材料費で残りの2割が広告などの維持費用、実際の利益は1割以下になります。

呪いに関しては「効果のあるもの」「効果のないもの」が五分五分なのですが、目安としては複数のサイトで紹介されているものは効果のある可能性が高いです。また、効果の高さとしては「このサイトにしかない」という唯一の呪いは効果が高い可能性はあるが、本物である可能性は低いので【検証済み】や【検証サイト】を主に活用してみるのがオススメです。

最後に

今回は多面的に恋愛の呪い・魔術や呪術の真実について解説を行なってきました。

真実とは別に「正直」な話を赤裸々にすると、偽物も本物も絶対にいます。しかし、これは魔術や呪術に限った話ではありません。当然、どの業態にも真偽はあり、厄介な事にグレーゾーンもあるのです。

例えば、ブランドでもスーパーコピー製品があり、本物ではないが価格的に十分に満足できる商品があります。同様に、魔術や呪術でも正統後継ではない人や免許皆伝を受けていないが、「それなりに術が扱える」というグレーゾーンの術もあるので、0か100、白か黒という話ではないのが本当のところです。

ですので、最終的な部分では「自分が信じられるかどうか」と言うことが決め手になるはずです。

本物には惹きつける力というものがあります。どれほど取り繕ったとしても、真芯にある部分の価値は引力のように人の魂を根底から惹きつける力を持っているのです。

今回解説したことを、自分の中での判断基準や価値基準の一部にして「効果がある」魔術や呪術を選択して下さい。

【おまけ】

魔術や呪術代行業のサイトでは無料で独自に作った呪いを配信していることもあるので、それを試して効果のある団体を選ぶのが一番正確な方法です。有料のものが信用できないなら無料のもので信用できるかどうかを判断し、依頼することをお勧めします。

-恋愛成就の呪い, 日本の呪い, 海外の呪い
-

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2020 All Rights Reserved.