自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

降霊術・危険な遊び

YouTubeでも流行り・バズった『エレベーターを使って異世界へ行く方法』のやり方

今回ご紹介する、エレベーターで異世界に行く方法というのは、韓国発祥の肝試し的な遊びで、この儀式を行った人間を異世界へといざなってしまうと言われている都市伝説です。

2018年頃には、YouTube上でも人気となり、多くのYoutuberが検証動画も撮影しています。
超有名YouTuberの水溜りボンドも、この「エレベーターで異世界に行く方法」の検証動画を撮影しており、YouTube上でも一気に話題となりました。

しかし、これといって危険度が非常に高いと言ったものでもないので、成功すればラッキーぐらいに検証することができる都市伝説となっていると思います。
※どの様な心霊現象に見舞われたとしても当サイトでは一切の責任を負いかねます※

『エレベーターで異世界に行く方法』とは

冒頭でもお話したように、この都市伝説は、韓国発祥で心霊術や降霊術などのようなものとは違い、どちらかというと肝試しに近いもので、オカルト遊びの一つとされています。

我々の見地から言えば、この行動によって一体どういった魔術理論が組み上げられており、異世界につながるという理論に達するのかも、正直よくわからないものとなっており、基本的にはガセネタの集まりです。

この話自体に元々少しおかしな点があり、YouTube上でもバズり非常に人気となった、この都市伝説には致命的な欠陥があり、紹介されているのは異世界に行く方法ばかりで、帰ってくる方法が全く記載されていない。
異世界にたどり着いた後の確認方法というのも、その世界には自分ひとりしか存在しないという方法しかなく、何より帰ってくる方法が一切記されていない以上、そこが異世界だったとして、自分しか存在しない上に帰る方法がない、つまり、帰ってきた物が居ないという事なのです。

「異世界に移動する方法・異世界との空間をつなげる方法・鬼門の開き方」など、異世界との交信を図っている手法や魔術というものは多く存在しますが、これらはあくまで移動するものではなく交信・接触を図るもので、異世界に移動するということは、その世界同士の理が歪んでしまうため禁忌とされており、基本的に大きな干渉し合うことはできないようになっているはずなので、こんなに簡単に異世界に移動することは非常に難しいと思われます。
何より、魔術や呪術による異世界との交信方法など、接触を図る方法に関しては、あくまでその後の対処法という部分までしっかりと記されているのに対し、このエレベーターで異世界へ移動する方法というのは、その後の対処について一切記されていない上、確認の方法自体も、もの凄くざっくりしています。

この辺りも踏まえて、やはりこの都市伝説は、ほとんどがガセネタである、もしくは本当だとしたならば、異世界へと行った人間は帰ってきていないので、異世界へ移動してしまった後のことは、誰にもわからないのです。

エレベーターで異世界に行く方法を行う上で必要なもの

エレベーターで異世界へ移動するために必要なものは、たった1つで『10階以上あるエレベーター』のみ。
これさえあればエレベーターで異世界に移動する方法を実行することは可能です。
必要な物がこれだけなので実行に移すのんはとても簡単な儀式となっています。

エレベーターで異世界に行く方法のやり方

エレベーターで異世界へ移動する方法の手順は、以下の通りとなります。

1.まず一人でエレベーターに乗る。

2.一人でエレベーターに乗り込んだらまずは「4階」次に「2階」その次は「6階」また「2階」そして最後に「10階」と移動する。
※この時に途中で誰かが乗ってきた時点で失敗となるので、誰かが乗ってきた場合には、また一からやり直す必要がある※

3.10階についたらエレベーターを降りずに、そのまま5階を押す。

4.5階にたどり着くと若い女性が乗ってくるので、絶対に話しかけず視線も合わせない様にする。

5.女性がエレベーターに乗り込んだら1階を押します。
すると、エレベーターは1階に下降することはなく、10階まで自然に上昇していきます。
この時に9階を通過出来れば、この儀式はほぼ成功です。

6.エレベーターが10階にたどり着き、エレベーターを1歩出たその先は既に異世界となっています。

エレベーターで異世界に行く方法のメリット・デメリット

エレベーターで異世界に移動する方法の「メリットデメリット」としては、まず10階以上あるエレベーターさえあれば、誰でも今すぐ行えるという、この儀式の簡単さがエレベーターで異世界に移動する方法の、一番大きなメリットです。

デメリットとしては、この儀式自体、魔術的にも心霊術的にも説明がつかず、基本的にはガセネタである可能性が非常に高い。
もしガセネタでなかったとして、ごく僅かな確率で異世界へ移動できたとして、その後の帰ってくる方法などについて一切記載が無く、帰る方法が伝わってない以上、異世界から帰ってくることが困難である、っと言うよりは帰ってくることはできないだろう…

つまり、成功しようが、成功しまいが、デメリットしかない。
何故ならば、異世界に移動すると言っても、あなたが思い描いているような「魔法やモンスターのいるファンタジーの世界」では無く、このエレベーターで移動する方法において移動した異世界というのは、おそらく異世界の判別方法から、あなたしか存在しない並行世界線、いわゆるパラレルワールドの「あなたしか存在しない世界線」へと移動する方法だと言われているからです。
移動した先には自分しかおらず、そっくりそのまま街だけ残っている世界線、果たしてこの世界に何の意味があるのだろうか…

結果から言えば、ハッキリ言って、検証自体は簡単に出来るが、メリットは一切なく、デメリットの方が大きい・時間の無駄になる可能性が高いので、あまりオススメはしない心霊遊びです。

-降霊術・危険な遊び
-, ,

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2021 All Rights Reserved.