自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

呪術・儀式 人を呪う方法 日本の呪い

憎しみ・恨みによって生霊を飛ばすと言う呪いの方法【初級呪術】

日々生活をしている中で、『絶対に許せない』と思うほど強力な恨みを感じることもあると思います。
しかし「特別な知識や技術も無い・特別な霊能力もない・呪いを実行するのは少しハードルが高い」といった人達に、今回は何も物を必要とせず、特別な能力や技術といったものも必要としないにも関わらず、効果が非常に強力な呪いの方法をご紹介したいと思います。

また今回の初級呪術は他の初級呪術よりも非常に簡単なものとなっているのですが、一部リスクもある呪いの方法となっているので、その点は注意してしっかりと内容を読み進めてもらいたいと思います。
他の初級呪術に比べると、大きなリスクを伴う呪術にはなっているので、注意点だけはしっかりと読んでいただいた上で呪い自体を理解し、そのリスクについても理解をした上で実行に移してください。

生霊を飛ばす呪いの方法に必要なもの

冒頭でもお話をしましたが、この生霊を飛ばす呪いの方法において必要なものというのは何もありません。
特別何か準備をしなければいけないものも無く、何か道具を使用することもないので、必要なのはあなたの身体一つだけです。
強いて何か必要なものを挙げるとするのであれば、今言ったように「あなた自身の体」と、あとは『相手を憎む非常に強い恨みの気持ち』と言うものが必要となります。

今回の初級呪術というのは、あなたの中にある強力な恨みの気持ちを利用して、あなた自身の手で相手を呪っていくというものとなります。
あなた自身の中に相手を恨む非常に深い恨みの気持ちがなければ、今回の呪いを成立させるということは難しくなってきます。

まずは大前提として、それほどまでに相手を『強く深く恨んでいる』ということが大前提となるので、強いて必要な物をあげるのであれば、この『非常に強い恨みの気持ち』という部分となります。
この辺りはしっかりと理解をしていなければ、呪いを執り行ったにも関わらず『相手に不幸が訪れない・呪いが降りかからない』という事になるので、まずはあなたの相手を恨む気持ちがそれほどまでに強いかどうか?という事を、あなたの中で再度確認してもらいたいと思います。
もし、「それほど相手を恨む気持ちが強くないのかもしれない...」「そこまでのリスクを負っても実行したいとまでは思っていない」というのであれば、「他の方法を使って呪いをかける」もしくは「呪うということ自体を辞める」と言った事も検討してみた方が良いでしょう。

生霊を飛ばす呪いのやり方

生霊を飛ばす呪いのやり方としては、何度も言うように特別な技術や能力と言った特別なものを必要とはしません。
初級呪術にしてはかなりハードルの高い部分もありますが、あくまで相手を恨む深く強い恨みの気持ちがあれば非常に簡単に執り行うことができ、むしろこういった呪術の工程を踏まずとも、無意識に同じ呪いをかけている人も中にはいるほどのものなので、深く強い恨みの気持ちさえあれば誰にでも簡単に行える呪術となっています。
その為、この呪術を執り行なう上で「呪術自体が難しいかもしれない...」などといった部分はそこまで気にせずに、まずは呪術の執り行い方をこのまま読み進めてもらえればと思います。
儀式の手順・工程としては、以下の通りとなっています。

1.憎い相手を頭の中に思い浮かべる
・まずはそれほどまでに恨んでいる相手のことを、頭の中にしっかりと具体的に出来るだけ詳細に思い浮かべるようにしてください。
この時に相手のことをどれほど詳細に思い浮かべることが出来ているかという部分は、この後呪いが成功するかという部分に大きく関わってくる部分で、呪いの成功・失敗を大きく左右してくるので、この時のイメージの部分は、しっかりと相手のことがイメージできるまで、時間がかかっても良いのでよく思い出しイメージを固めてください。
相手の姿や身振り手振り、動きなどといった細かいところまでしっかりと頭の中でイメージが沸き、今にもそのイメージの中から飛び出してきそうなほど、しっかりと思い浮かべることができてから次の工程に移ってください。

2.憎い相手の名前を唱える
・1の工程で憎い相手のイメージをしっかりと頭の中に思い浮かべることができたと思いますが、憎い相手のイメージをしっかりと頭の中に思い浮かべる事が出来たら、次に憎い相手の名前をそのまま何度も繰り返し唱えていきます。
この時に、憎い相手の名前を唱えながら憎い気持ちもしっかりと口にしていきます。
何度も何度も口にし、相手の名前を唱えていくことで、自分の中にある相手が憎いと言う恨みの気持ちを、憎い相手の元へと飛ばし伝播する事ができます。
この時に何度も唱えている相手の名前・恨みの言葉の言霊に乗り、自分の生霊が相手へと飛んでいきます。
これによって相手の元へと自分の半身である生霊が飛んでいき、相手の身の回りに霊障を引き起こし、相手に不幸をもたらすことができます。
生霊がもたらす呪いというのは、通常の簡易的な呪いに比べると非常に強力で、正規の手順を踏みしっかりと取り行った中級呪術や上級呪術に匹敵するような呪いの効果をもたらします。
ただし、この時に相手にもたらされる不幸の度合いというのは、相手の名前を唱えている時に、あなたが強く念じている言葉に込めた憎しみの感情の強さに左右されます。
その為、この工程によって相手の名前を何度も唱える時には、相手が憎い気持ちをしっかりと言葉に込め、『絶対に相手も不幸に陥れてやる』というぐらいの強い気持ちを持って相手の名前を繰り返し唱えていく必要があります。

生霊を飛ばす呪いの注意点

生霊を飛ばす呪いの注意点としては、あくまで儀式を執り行ない「悪魔の力を借りる・特別な力を借りる」事で相手に呪いをかけているのではなく、自分の半身である生霊を相手の元へと送り込んでいるという部分です。
生霊というのは、人に憑り付かせることで、多少の悪霊が数体ついているよりも強力なほどの呪いや霊性を引き起こし、命をも脅かすような非常に危険なレベルの呪い・不幸を相手にもたらすことができます。
また、生霊というのは通常の怨霊・悪霊に比べると簡単に除霊・浄霊できるものではなく、あくまで生霊であるために、そのまま浄化することは特別な力を持った霊能力者でも簡単な事では無く、あくまでその生霊を主の元へと戻していくという方法となります。
この主の元へと生霊を戻すというのは、ただ浄化するのとはまったく異なるものとなっており、非常に困難な除霊・浄霊となります。
その為、相手が意図的に生霊を退けることは難しく、非常に強力な効果を生むのですが、あくまで自分の半身が相手の下にいるということを理解しなければいけません。
つまり、どういうことかと言うと、自分の半身が相手のところにいる以上、生霊の存在に気づいた時に、良い霊能者であれば「生霊なので元の主のところに帰しあげなければいけない」と考えるのですが、あまり良い霊能力者でない場合、生霊であっても浄霊をすると言った選択を取る場合があります。
生霊を除霊するか浄霊するかと言う選択を迫られた時に、除霊しただけの場合また生霊が戻って来てしまう可能性があり、浄霊した方が憑りつかれている人間にとっては安全な状況を生むのですが、除霊と浄霊では「浄霊」の方が難しく、リスクも高くなってきます。
これがどういうことかと言うと、つまりあなたの生霊が浄霊されてしまった事により、あなたの半身がこの世から消え去ってしまうことを意味します。
生きている人間の霊魂の一部を浄霊によって浄化し、消し去ってしまう事で、生霊の主に危険が及びます。(精神に異常をきたすなど)
こういった部分から言うと、非常にリスキーな反面もあります。
道具も必要とせず、特別な能力や力も必要としてないにも関わらず簡単に取り行える、この生霊飛ばすといった呪いの方法ですが、あくまであなたの半身を相手のところに送り込んでいるという部分は、非常に注意の必要な部分となります。

生霊を飛ばす呪いのメリット・デメリット

今回の「生霊を飛ばす呪い」のメリット・デメリットについてですが、まずはメリットとなる部分は以下の通りです。

・道具を必要としない
・誰にでも簡単に行える初級呪術だが中級呪術や上級呪術にも匹敵する効果をもたらす

このような点が挙げられます。

ここまで注意点などでもお話をしていますが、やはり初級呪術かつ道具も必要とせず特別な能力や力といったものも必要としないにも関わらず、中級呪術や上級呪術に匹敵するほど強力な呪いの効果を与えることができるというのは、一番大きなメリットとなる部分でしょう。
初級呪術・簡易呪術においても、やはりある程度の道具や媒介となるものを必要とする場合は多いのですが、今回の生霊飛ばす呪いの方法については、全く道具を必要とせず、誰にでも今すぐ執り行えるにも関わらず、非常に呪いの効果が強力であるというメリットの大きな呪術となっています。

逆にデメリットとなる部分は、以下の通りです。

・生霊を利用している

この様な点が挙げられます。

今回の呪術において一番のデメリットとなってくる部分は、生霊を利用しているという部分です。
この生霊を利用する方法というのは、こういった呪術として執り行っていないにも関わらず無意識下に行っている人も多く存在します。
生霊を相手のところへ飛ばすという方法は、非常に強力な呪いの効果が見込める反面「自分の半身である生霊を相手のところへ送り込んでしまっている」という危険も併せ持つ状況下にあります。
注意点でもお話をしましたが、生霊がもし相手のところで浄霊されてしまった場合などにおいては、自分の半身がこの世から浄化され消え去ってしまうことを意味し、それは同時に自分の精神に異常をきたすなどと言う状況に追い込まれる事も意味します。
呪いの効果が強力な反面、自分に被害が返って来た際の被害の大きさというのも大きいものとなっています。
この部分が、この生霊を利用する呪いにおいて最大かつ唯一のデメリットとなってくる部分でしょう。

-呪術・儀式 人を呪う方法, 日本の呪い
-, , , ,

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2020 All Rights Reserved.