自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

恋愛成就の呪い

薔薇と水を使った復縁の魔術【初級魔術】

古来より薔薇の花というのは、『愛情を司る花』とされており、その花言葉の通り愛を司る花となっています。
その為、西洋魔術などにおいては、『愛情に関する魔術を使用する際に多用されている』花でもあります。
この薔薇というのは「元カレ・元カノとの縁を引き戻し復縁をもたらす」、または「今あなたが心の中で思い描いている想い人との縁を結ぶことも可能」とする花です。

今回は、そんな薔薇を利用することで、元カレ・元カノとの縁を結び直し、復縁をもたらす魔術についてお話をしていこうと思います。
それほど難しい工程はありませんが、必要な物や工程についてはしっかりと読み進め、決して間違わないようしっかりと理解した上で執り行うようにしてください。

薔薇と水を使った復縁の魔術に必要なもの

今回の、薔薇と水を使った復縁の魔術に必要なものについてですが、準備するのに難しいものはなく、どこでも簡単に手に入るようなものばかりなので、魔術を執り行う上で「準備するのが難しいかもしれない...」という心配はありません。
この魔術は、初級魔術であるため特に準備に手間取るものはないと思いますが、間違ったものを準備してしまうと魔術の失敗を招きますので、準備しなければいけないものについては、しっかりと理解を深めて読み進めてください。
必要なものは、以下の通りとなっています。

・薔薇※これについては、『赤い薔薇』を1輪で問題ありません。
薔薇の色は「何色でもいい」と言う訳ではなく、薔薇の色は必ず『赤色』にしてください。
赤以外の薔薇を使用した際には、魔術が失敗する原因となってしまいます。
これは、薔薇の色によって、その薔薇が持つ力というものが変わってくるからであり、赤い薔薇は『愛』を司る花となっていますが、例えば青い薔薇などに関しては『奇跡』を司る薔薇となっており、青い薔薇などを使用した際には、うまく魔術が機能しない場合があるので、ここは必ず赤い薔薇を準備してください。
バラは何本も必要なわけではないので、1輪あれば十分です。

・水※基本的には不純物の混じっていない水であれば、どのような水でも問題ありませんが、水道水などを蒸留し不純物を取り除くなどというのは、工程的にも手間がかなり増えてくるので、入手しやすく使用しやすいものmと言う部分で、一般的に市販されているミネラルウォーターで問題ありません。
特に銘柄や軟水・硬水といった部分に指定はなく、ミネラルウォーターであれば基本的に問題ありません。
もしミネラルウォーターを準備するのが難しいようであれば、水道水を煮沸し蒸留することで不純物を取り除いた、『蒸留水』を使用するようにしてください。

・花瓶※これについても指定は特にありません。
準備しておいたバラを飾ることのできる花瓶であれば、特に大きさや形・色など指定はなく、どのような花瓶でも問題ありません。
強いて言うのであれば、透明なものであった方が良いでしょう。
魔術の工程において、「月の光を浴びせる事で月の持つ魔力を蓄える」工程があるので、透明な花瓶を使用した方が月の光を浴びやすく、月の持つ魔力をより吸収させやすいため、透明であった方がより良いですが、透明なものでなくとも問題はありません。

・唐辛子※これは生のものではなく、乾燥させた唐辛子の粉末を準備してください。
魔術の工程において、「唐辛子を水の中に混ぜ込む」ので、唐辛子を粉々に砕いた粉末のものを準備してください。
粉末の唐辛子を準備するのが難しいようであれば、一般的なスーパーなどでも販売されている「瓶詰めのカイエンペッパー」で対応することができます。
カイエンペッパーであれば、調味料売り場に行けば大抵のスーパーで販売しているので、準備することはそれほど難しくないと思います。
もちろん鷹の爪などを、自分ですり潰して粉末にすることで使用しても問題ありません。

以上の4つがあれば、薔薇と水を使った復縁の魔術を執り行うことができます。
基本的に手に入りにくいものはなく、それほど特別なものもないので、取り揃えること自体に苦労はしないと思います。

薔薇と水を使った復縁の魔術のやり方

薔薇と水を使った復縁の魔術のやり方としては、初級魔術なので特に複雑な部分や難しい部分は無く、また特別なものも必要とはしないので、簡単に執り行うことができると思います。
ただし、魔術工程の中で「呪文を唱える」必要があるので、この呪文の部分は間違えないように、しっかりと一語一句間違いなく覚えるようにしてください。
儀式の手順・工程としては以下の通りとなっています。

1.花瓶に薔薇を生け水に唐辛子を混ぜる
・まずは準備した花瓶に薔薇を生け、花瓶とは別に準備をした水に少量の唐辛子を混ぜます。
この時、花瓶に薔薇を活ける部分に関しては、特にこれといった注意点はありませんが、水に関しては、あまり唐辛子を入れすぎるとこの後の工程において、その水を飲み干すという部分があるので、唐辛子の辛味によって水を飲み干す事ができず、儀式の継続が困難になる可能性があります。
その為、水に混ぜ込む唐辛子の分量というのは、調整をしながら混ぜるようにしてください。
特に「唐辛子の量を増やしたから魔術の効果が上がる」と言ったものでもないので、500㎖の水に対して、粉末の唐辛子を一つまみ程度混ぜるだけで問題ありません。
入れすぎは物理的に身体をにダメージを与えるという部分もありますので、この辺りは注意して執り行ってください。

2.南向きの窓際に花瓶と水を置く
・工程1において準備をした、薔薇を生けた花瓶と水を窓際に飾っていきます。
この時に重要な部分としては、窓が『南向き』であることが前提となっており、また月明かりが差し込む位置に薔薇を生けた花瓶と水を飾る必要があります。
配置としては、南向きの月明かりが差し込む位置に花瓶を飾り、その隣に準備しておいた唐辛子を混ぜ込んだ水を置きます。
この工程においては、こうして花瓶・薔薇・水に月の光を当て、月の魔力を蓄えさせることが目的となっています。
その為、月の光が当たらない角度や、南向きでない窓に花瓶と水を置いてしまった際には、魔術がうまく機能しない可能性が高くなってくるので、この辺りは非常に注意しながら執り行ってください。

3.3日間月明かりに当てる
・工程2の段階で、南向きの窓に花瓶と水を飾ったら、そのまま花瓶・水・薔薇を3日間月明かりに当て、月の魔力を蓄えさせていきます。
この3日間の間に、自分以外の誰かに魔術の存在を知られないように気をつけましょう。
もし、魔術の存在を知られてしまった際には、大きなリスクを負ってしまう事となりますので、この点は非常に注意が必要です。

4.呪文を唱えながら水を花瓶に注ぐ
・3日間、月明かりに当てて月の魔力を蓄えさせた水を、3日目の夜に花瓶に静かに注ぎながら、『ハイベルグスデルズ○○(復縁したい相手の名前)』と1度唱えます。
この時、注意しなければいけないのは「水を全て花瓶に入れてしまってはいけない」という部分です。
水は少し残して花瓶に注ぐようにしてください。
この水は、まだこの後の工程において使用するので、全て花瓶の中に注いでしまうと、その時点で魔術が失敗してしまいます。
その為、この点は非常に注意しながら花瓶に水を注ぐようにしてください。
また、呪文を唱え終わるまでに水を全て注ぎ終えてしまうと、これもまた魔術失敗の原因となります。
呪文を唱える間に水が注ぎ終わらないよう、ゆっくりと静かに水を注ぐようにし、この後の工程で使用する分の水まで、花瓶の中に注いでしまわないように注意をしながら執り行ってください。

5.残った水を飲み干す
・工程3において、少し残した水を最後に飲み干します。
これにより魔術が完了するので、先程も言ったように花瓶に全て注がないようにしてください。
もし花瓶に全ての水を注いでしまった場合に、『花瓶の水を戻して飲む』という事だけは『絶対にしないよう』にしてください。
この段階において花瓶に全て注いでしまった際には、魔術を1からやり直す必要があります。

以上の5つの工程で、薔薇と水を使った復縁の魔術のやり方としては完了です。

薔薇と水を使った復縁の魔術の注意点

今回の魔術における注意点は、特にはありません。
強いて今回の魔術における注意点を挙げるのであれば、必要な物の説明や、やり方の工程で説明しているものが殆どとなります。

一番注意をしなければいけないポイントとしては、先程説明をした、やり方の工程における部分の『花瓶に水を注ぐ際に全て注いではいけない』と言う部分でしょう。
この部分ですが、花瓶に水を全て注いでしまった場合、魔術は完全に失敗してしまいます。
そのまま続行することは不可能であり、もし魔術を執り行いたいのであれば、1からやり直す必要があります。

また魔術が失敗している段階で、それ相応のリスクというものは発生してきます。
復縁の可能性が近づくどころか、魔術が失敗した際には、復縁の可能性がなくなってしまうので、この辺りは注意してもらえたらと思います。

薔薇と水を使った復縁の魔術のメリット・デメリット

今回の薔薇と水を使った復縁の魔術のメリット・デメリットについてですが、まずメリットとなる部分は以下の通りです。

・必要なものが簡単に手に入る
・特別な技術は必要としない
・簡単に取り行える

このような点が挙げられます。

今回の魔術による一番大きなメリットとしては、やはり誰にでも簡単に取り行えるという部分でしょう。
魔術に必要なものも非常に簡単に誰にでもすぐに取り揃えることができ、魔術の工程としても難しいものはなく、特別な技術も必要としないため、初心者であっても今すぐ執り行うことができる魔術となっています。
その為、この魔術は非常に簡単に執り行うことができ、元カレ・元カノと簡単に復縁する事ができます。
この辺りは、今回の薔薇と水を使った復縁の魔術の大きなメリットとなる部分でしょう。

逆にデメリットとなる部分は、以下の通りです。

・儀式自体に時間がかかる
・呪文を覚えなければいけない
・唐辛子を混ぜ込んだ水を飲まなければいけない

このような点が挙げられます。

今回の黒魔術における最大のデメリットとしては、儀式完了までに時間がかかるという部分でしょう。
薔薇と水を使った復縁の魔術に関しては、薔薇と水に月の魔力を蓄え、その力を利用して魔術を執り行うため、最低でも3日間という時間を要します。
この辺りは、魔術を完了するまでに要する時間が長くなってくる為、大きなデメリットとなってくる部分でしょう。
また辛みが苦手な人の場合、唐辛子の粉末を混ぜた水を飲み干さなければいけないので、この辺りも大きなデメリットとなってくるでしょう。

呪文を覚えなければいけないという部分に関してですが、確かに『呪文を間違えてしまうと魔術が失敗してしまう』という部分があるため、しっかりと一語一句間違いなく覚えなければいけないのですが、今回の薔薇と水を使った復縁の魔術において使用する呪文というのは、それほど長くもなく複雑な呪文でもないので、覚えるのがそれほど難しいものでもなく、そこまで大きなデメリットとなる部分でもないでしょう。

-恋愛成就の呪い
-, , , ,

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2020 All Rights Reserved.