自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

心霊体験コラム

心霊体験談【かくれんぼ】S県Oさん

小学校低学年の頃は、毎年家族で海水浴に行っていた。
当時は千葉県に住んでいたので、海って言うと「九十九里浜」か茨城の「大洗」。

その年は九十九里がすごく混んでるという情報を仕入れた父の提案で、茨城の大洗だった。
で、行楽日和で親父が休暇取れるのもお盆近辺だけだったから、家族で浜辺に着くともう至る所は人だらけだった。

俺には7歳離れた弟がいるんだけど当時弟は赤ん坊でさ、海に家族で来ても父親はビーチパラソルを立てたり母親は弟の世話に追われて全然構ってもらえなかった...
つまらなそうにしていたら父親に「ん?一人であそこの潮溜まりとかで遊んでくれば?」と言われたんだ。
父親の指さす方を見ると30m位離れた浜辺に、引き潮によって水が溜まった浅く小さな池のようにくぼんだ場所があってさ、そこまで歩いて行ったんだ。
その小さなくぼみまで一人で来て足だけ浸かっていたら、ちょっと大きめのカニが一匹だけ水の中にいた。
俺生き物大好きだったからなんとか捕まえようとしたんだ。
でも、とても素早くで何度も逃げられてしまうんだ。
悪戦苦闘しながらカニとにらめっこをしていたら、地元の子供だと思うんだけど同じ歳くらいの赤い水着で色の真っ黒な男の子が「何してんの?」って話しかけてきたんだ。

俺は一瞬男の子の方を見て「カニがいるんだよ...」って小さな声で答えて指を指そうと再びくぼみの中に視線を戻したんだけど、カニがいつのまにか消えていてさ...
で、消えたカニを二人で探していたんだけど全然出てこないから「なんだかなぁ...」という空気になりかけた時、男の子が「ねえ、家に来ない?」って言ったんだよ。
その時に「あーやっぱりこの子は地元の子なんだ」と思って「いいの?家どこなの?」って聞いたら「あっち」って少し離れた場所に見える海の家を指差すからその男の子の後をついて行ったんだ。
知らない土地で知らない男の子と友達になれたのが嬉しかった。

海の家の近くまで行ったら普通に営業していてお客さんも何人か入っていた。
てっきり正面から行くのかと思っていたら、男の子が「こっちこっち」って海の家の隣にある小さな脇道のようなところに入って行ったんだ。
ちょっと薄暗くて嫌な感じだったの覚えている。
細い道を辿ると、ちょうど海の家の勝手口みたいなところに小さなドアがあって「ここから入れるんだよ」って、男の子がドアノブを開けて先に入ったんだよ。
その後ドアから入ると畳の部屋がいくつかあって、多分団体が泊まる部屋だと思う。
部屋の隅に座布団が積み重なっていた、裏柄のドアから入ったことになるんだと思うんだけど、人が誰もいなかった。

いつのまにか男の子がフランクフルトを持っていて俺に差し出して「ん、食べなよ。ね!」って。
多分海の家で出してる商品だと思う。本当は人からもらったものをそのまま食べるのってよくないと思ったんだけど、何かここで断ったら逆に失礼な気がしてその子と二人で誰もいない畳の部屋で食べた。
どんな話をしたのかはあんまり覚えていないけど「食べ終えたらこの部屋でさ、かくれんぼしない?」って言われたが、家は当時は狭いマンションだったから畳の部屋なんてなかったし、襖を隔てていくつも同じような部屋があったから「かくれがいがあるな」と思った。

男の子とどちらが隠れるのか「じゃんけん」したんだが勝ったのか負けたのかまで覚えていないけど、とりあえず俺が隠れることになったんだ。
顔を伏せて数字を数える男の子を残して俺は迷わず違う部屋へ進んで押入れの中に隠れた。
本当は2階に上がろうと思ったんだけど「それは失礼だ」と思って、押入れの中に入って大きい声で「もういいよー」って叫んだ。

「見つからないように」「見つからないように」ってすごくドキドキしていた。
でも、しばらくしても全然見つけに来てくれないんだよ...
だんだん押入れの中の暑さにも我慢できなくなってきた...
だってすぐ隣に布団があって、体を小さくして隙間に無理やり潜り込んだもんだから、どんどん汗が吹き出してきてさ。

結局、我慢できなくなって相手にわかるように押入れの中から再度「もういいよー」って叫んだ。
でも30秒ぐらいしても誰も来ない...
だから思い切って押入れを開けて最初の部屋まで忍び足で戻ったんだけど、さっきの男の子が見当たらなかった...
よそ様の家に一人で上がり込ん出るのも微妙だから、案内された勝手口からさっきの薄暗い道を通って、そのまま海の家の表の方へ出たんだ。

浜辺を見渡しても赤い水着の色の黒い子が見つからなくて、それで再び最初のくぼみ(潮だまり)まで戻ったんだ...
「急に居なくなるなんて...なんなんだよ...」て少し不機嫌になっていた...
それでくぼみに腰をかけて溜まった海水に足を入れたら「ささささささ」って、さっき捕まえようとしたカニが出てきてさ、今度こそちゃんと捕まえようとしたんだよ。
そしたらさっきの男の子の声がすぐ後ろでしたんだ「なんだ、ここにいたんだ、見っけ」って。
でも今度は男の子の方を振り返らなかったんだ、振り返ってカニから視線を外したら絶対にまた捕まえられずに見失っちゃうと思って。

んでしばらくするとまた「海の方に行こうよ」とか「ね~遊ぼうよ」とか言われていたんだけど、俺は「これ捕まえてから」って男の子の誘いに応じなかったんだ。
意地悪とかじゃない、急になくなって怒ったわけじゃない、それよりそのカニを捕まえてその男の子に見せてあげたかったんだ。
やっとのことでくぼみの隅の方にカニを追いやって足で捕まえた。
それで男の子の方に振り向いたんだけど、男の子がいなくなっていた...
「あれだけ誘ってくれて応じなかったから怒らせてしまったんだ...」と思った。
でも、カニを見せれば機嫌を直してくれると考えて海の家の方へ走って行ったんだ。

海の家に着いて最初はさっきの裏道に入ろうと思ったんだけど、男の子もいない状態で人様の家のドアを開けて入る勇気はなかったので、今度は正面の方から入って行ったんだ。
バイトらしい若いお兄さんが呼び込みとかをしていたから、最初そのお兄さんに声をかけようとしたんだけど、なんだか怖じ気づいちゃって一瞬モジモジしていたら、その隣にいた同じバイトの若い女の子が「君何持ってんの?」って俺のカニを見て聞いてきたんだ。
「あっちでとりました」って答えたついでに「あの、ここの男の子と遊んでいたんですけど...」って続けて話した。

俺的には、ここの男の子というフレーズですんなり相手に伝わると思ったのだが、若いバイトの女の人がどんな子か色々聞いてくるんだよね。
「赤い水着で同い年くらいの...」って色々答えていたら女のバイトの人が「○○さ~ん」って奥で食器の片付けをしてるおばちゃんを呼んだんだ。
で、おばちゃんに色々伝えてもらったら、そのおばちゃんもまた同じ質問を繰り返すんだ。
赤い水着を履いていたのでなんか海の家のスタッフの人たちが騒然としてきた。
ちょっとざわざわし始めてきた。
そしたら「何かあったのか?」と多分その海の家の店長らしい色黒いおじさんが奥から出てきて、そのおじさんに向かっておばさんは「赤い水着赤い水着を履いていたんだって」とそればかり伝えていた。
それを聞いておじさんも「本当か?本当か?」って聞いてきて、実はその一緒に遊んだ男の子がすごい悪さでもしたんじゃないか?ってすごく怖くなっちゃって...

そうこうしてると、おばちゃんが思い出したかのように「ちょっと待ってて」って奥に引っ込んだんだ。
奥に行くおばちゃんに向かっておじさんも「早く持ってこい、写真、写真」って叫んでいた。
そしたら、おばちゃんが数枚の写真を持ってきたんだ。
すると、そこにはさっき一緒に遊んだ男の子が写っていた。

俺は「この子です!!」って迷わず答えたんだけど、でもおじさんは多分疑っていたんだと思う。
「本当にこの子か?別の子じゃないのか?名前は?」って聞かれて、思わず自分の名前を答えたら「違うよこの子の、こいつの名前だよ」と写真を指さしておじさんが声を荒げた。
なんか俺疑われてる気がしてすごく嫌だっただから、この際一緒にどんな遊びをしたかすべて白状したんだ。
「裏側から一緒に家に上がりました...」って。
だってその男の子の名前を聞いていなかったから、もう全部話さないと自分の立場が危ういってその時に思ったんだ。

正直に話したら楽になれるって思ってたらその後、その裏道までおじさんとおばさんとなんか知らないうちに増えた野次馬を率いて連れて行って「ここから入りました」って答えたんだ。
すると、おじさんが「そこ普段鍵かけてたんだろ?」って若いスタッフにボソッと言ったから、俺が両手でそのドアを開けたんださっきと同じように。
で「この部屋でかくれんぼしました」って答えた。

そしたらおばさんが「やっぱりあの子...」って急に泣き出したんだ。
すごいびっくりしたの覚えてる。
そして一瞬でなんとなくその涙の意味を悟ったんだ...
同時におじさんが俺に近づいてきて、しゃがみ込み「写真の子は一昨年海で亡くなったんだよ...」って言った。
それで俺なんだかよく分からないけど、悲しくも何もないのに涙がその場で溢れたんだ。
だってよくよく見たら浜辺を素足で歩いたまま裏のドアから入ってる訳なんだけど、畳の部屋を見たら俺の足跡しか付いていなかったんだよ...

何が何だかよく分からなくて...ちょっと疲れてしまって...それでおばさんに「君お父さんとお母さんは?」って聞かれて「家にいます」と答えたら「心配してるから早く帰りなさい」って。
それでよたよたと戻った...
気が付いたら手に掴んでいたはずのカニにはどこかへ逃げてしまったのかいなくなっていた...
どのタイミングでいなくなったのかは覚えていない...

両親の元に戻り、父親も母親もさぞかし心配してるだろうと思って、申し訳なさそうに今あったことを説明しようと思ったんだ。
でも、親父が俺を見て言った言葉が「あれ?一人で遊ぶのは嫌か?」だったんだ「えっ?もう十分遊んできたよ?」って答えようと思ったら、弁当箱やら遊具を入れた鞄が来た時のままになっている。
もう2時間くらい過ぎたと思っていたのだけど様子がおかしい...
聞くと俺が両親を離れて戻ってくるまで全然時間が過ぎていなかったんだ...
その後は何度も父親に「早く帰ろう」ってせがんで昼過ぎに車で帰った。

-心霊体験コラム
-, , ,

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2021 All Rights Reserved.