自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

心霊体験コラム

日本と海外の違いだけではない?悪魔と霊の違いとは?

日本では、よく混同されがちな「悪魔」と「悪霊」ですが、これらの2つは似て非なるものです。

悪魔と悪霊の違いについては、理解をしていないと大変な事態を招く結果となりますので、今回はこのあたりの部分についてお話をしていこうと思います。

悪魔と悪霊は宗教の違いだけではない

冒頭でもお話したように、悪魔と悪霊の違いという部分は、日本と海外の違いだけと勘違いされやすく、宗教的な考え方の違いと思われている場合がほとんどですが、実はそうではなく、悪魔と悪霊というものは似てはいますが全くもって別の存在です。
いわゆるキリスト教など海外の宗教的な考え方の中では、「人間の弱い部分につけ込み悪影響を及ぼしてくるもの」が悪魔の存在であり、多くの場合、霊障を受けている原因は悪魔にあるという考えですが、決して全てが悪魔の仕業であるというわけではなく、こういった海外の宗教の考えの中にも霊の存在という概念は存在します。

密教や仏教など日本の主な宗教の中では、霊は強い思念(恨みつらみ・憎しみ・憎悪など)を持った人間が、その思念を持ったまま亡くなった時に、その思いと魂の片鱗が現世に残留してしまった、残りカスの様な思念体であると言う考えが多いのですが、人に悪影響を及ぼすのは、この中の悪霊の仕業であると考えられているのが殆どですが、だからといって悪魔という概念が全くないわけではありません。
密教や1部の地方における土着の信仰の中には、悪魔の概念も存在しており、またこの中でも悪霊と悪魔というものは全く別物として捉えられています。

分かりやすく言うのであれば、日本には『妖怪』と『霊』という概念が存在します。
妖怪などといった『物の怪(モノノ怪)』の類(天狗・妖狐など)がいわゆる悪魔に近い存在であり、こちら側(現世)の存在ではありません。
これに対して『悪霊』というのは、あくまで元々は人間であり「人が強い思いや思念を持ったまま亡くなった時に、その意志や魂といったものがこの世に残留してしまっている状態」と言うのが霊の存在であり、その中でも人に対して危害を加える霊が、『悪霊』と呼ばれるものになります。
ここからは、各々詳しくお話をしていきましょう。

悪霊とは何なのか?

先程もお話ししたように、根本的に霊という者の存在は「恨み・憎しみ」だけではなく、この世に対して『何らかの強い思いを持ったまま亡くなってしまった人の思念や魂といったものが、この世に残留してしまった人間の思念体』と言った存在を指すものです。
その中でも『悪霊』というのは、その中でも「生きている人間たちに対して何らかの悪影響を及ぼす霊」を指す言葉です。

人間の欲や弱みに付け込み取り入って来る「悪魔」とは違い、悪霊というのは「人との縁がわずかでも存在すればその人物に取り付くことが可能」で、悪影響を及ぼすことも可能となってきます。
故に、悪魔以上に簡単に憑りつかれる事も多くあり、また影響を及ぼされることも非常に多いのは悪霊です。
ただし、悪魔に比べると根本的な影響力の差があるため、正しい対処をすれば大きな影響を及ぼされる前に除霊することも可能であり、低級霊であれば基本的には除霊もそれほど難しくはありません。

悪魔とは何なのか?

悪魔とは、根本的にこの世の存在ではなく、向こう側(地獄)に存在する者達を指す言葉です。

悪魔の目的というのは、「地獄のテリトリーを広げる」という部分にあり、人間と契約をしたり・人間に取り付くことで、人間をあちら側へと引きずり込み、自分たちのテリトリーを広げようとしています。
根本の存在が人間でない以上、人の持つ力によって対処すること自体が難しく、悪魔に憑りつかれた際には、天使や神様の力を借りる以外に対処する方法はありません。

基本的には悪霊の様に、どこにでも存在しており特別なキッカケがなく憑りつかれることは無く、悪魔がこちら側の世界へ干渉するキッカケが無ければ憑りつかれる事はありません。
生活が落ち着いていなかったり、何か大きな不幸があなたを襲った時などと言った、「精神的に付け入るスキがある状態」の時に、そういった人間の弱みに漬け込んで、悪魔があなたに憑りついて来る場合がほとんどです。

また悪霊とは違い、悪魔の場合はただ危害を加えて来るだけでは無く、正しい魔術の知識を持ち、正しい手順を踏むことによって契約をし、大きな力を得ることもできます。
先ほども言った様に日本では悪魔というよりも、「物の怪(鬼など)」の類といった存在の方が認識としては近しいもので、根本的にこちら側の世界に、普段存在している存在ではない者の総称と捉えて貰った方が認識としては正しいものとなります。

悪魔や悪霊にとりつかれた場合

先程にも言ったように、悪魔に憑りつかれた場合は、人の持つ力だけで対抗するのは難しく、基本的には天使や神様の力を借りて、悪魔に対抗するしか手立てはありません。

しかし、日本には悪魔祓いに特化した「エクソシスト」は数が少なく、基本的に悪魔に憑りつかれた場合、対処することが難しい場合があります。
これに対して、悪霊というのは基本的に正しい知識さえ持っていれば、特別な力を持った人間でなくとも対処できる場合も多く、対象の悪霊がよほど強力な力を持っていない限りは、憑りつかれないよう事前に対処することも可能です。

ただし、憑りついているのが悪霊であったとしても、正しい知識がなく、素人が安易な考えで対処をしようとするのは、『非常に危険な行為』であることには変わりありませんので、できれば専門の人間に依頼をし、しっかりと除霊してもらった方が良いでしょう。
「悪霊に憑りつかれている」と思い自分で対処したら、「悪魔に憑りつかれていた」などと言ったことになると、悪魔を刺激してしまい非常に危険な状況となりますので、この辺りは非常に注意してもらえればと思います。

-心霊体験コラム
-, , , , ,

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2020 All Rights Reserved.