自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

呪術・儀式 人を呪う方法 心霊体験コラム

呪術における理論や手順などの重要性とは!?

呪術を執り行う上で失敗が多いのはどういった人間でしょうか?実は全く知識のない人間が執り行うよりも、中途半端にオカルトやスピリチュアル・呪いなどの知識を持った人間が呪術を執り行った場合の方が失敗している確率が高いのです。

これは、中途半端に知識を持ってしまっているが故に「これとこれを掛け合わせて、こういった呪術にすれば、より強力な効果が見込めるのではないか」と考えて、呪術理論を理解してないにも関わらず、安易に呪術の掛け合わせ・変化をさせてしまうことが原因にあります。

呪術というのは、実は非常に繊細なものであり、その一つ一つの手順・工程・順番などに意味が存在しています。
詳細な理論の部分を理解しておらず、独学で執り行っている人間の呪術が、実は一番失敗する確率が高く危険なものとなっています。

今回は呪術理論・手順などと呪術の関係性、またその危険性などの部分についてお話をしていこうと思います。

なぜ独学の呪術は失敗する?

まずは最初に「なぜ独学の呪術は失敗するのか?」と言う部分からお話をして行きましょう。
これは冒頭でもお話をしたように、基本的に呪術というものは、人が思っている以上に繊細なもので、その手順であったり工程などを少し間違っただけで失敗してしまします。
それどころか手順・順番・工程を間違ってしまうと、呪術が失敗するだけでは無く、呪い返しによって自分に災いが返って来るような結果をもたらし、呪いに憑りつかれ呪術者自身が呪いに引き込まれてしまう結果をもたらす場合もあります。

では、なぜ呪いというものに対して多少の知識を持っている人間の方が成功率が下がり、失敗してしまう確率が高いのでしょうか?
これは、呪術や呪い・魔術などについて「全く知識のない人間」の場合、自分で呪術を執り行おうと考えた時に、素人故にしっかりと調べ・手順なども一挙手一投足間違いのないようにと細心の注意を払って呪術を執り行うのに対し、先程も言ったようになまじ表面的な知識を持っている人間の場合に「この呪術であれば、こういった同じ系統のこの呪術のこの部分を同時に執り行ってやれば、より効果が高まるだろう」と安易な考えに陥ってしまい、自分の知っている呪術をなどを呪術理論を理解していないにも関わらず、掛け合わせてしまいます。
これが、中途半端に知識を持った人間の方が、呪術を失敗する確率が高い大きな要因なのです。

中途半端に知識を持っていると「自分は素人ではない・理論を理解している」などといった『自信過剰』な考えから、より強力な効果を求めて欲を出し、理論を理解していないがために、似ているが全く理論の異なる2つの呪術を掛け合わせてしまい、呪術を失敗することが多くなってしまうのです。
しかし、呪術においては『失敗=呪い返し』を意味するので、安易な考えによって呪術を掛け合わせ、2つの呪術を同時に失敗すると言う事は、呪い2つ分の災いが自分の身に降り掛かるので、非常に危険な行為です。

基本的に、呪術を執り行う上では「リスクを出来るだけ下げる」というのが呪術のセオリーです。
こういったオカルト知識(呪い・呪術・魔術・心霊など全般)について、中途半端に知識を持っている人間というのは、安易に同じ系統の呪術と思い込み、その「2つの呪術を掛け合わせても問題ない」と考えるのですが、同系統の呪術というのは殆ど存在しておらず、近い内容・似たような内容の呪術は多く存在していますが、その殆どは儀式の内容などの表面的な部分が似ているだけであって、呪術理論の部分としてはそのほとんどが実は別系統の呪術なのです。
全く違った呪術理論によって成り立っている呪術同士を「似た呪いだから掛け合わせても大丈夫!!」という、安易な考えによって掛け合わせる中途半端な知識と過剰な自信を持っていると、こういった最悪の結果を招く事となってしまいます。
専門的な知識を持っているプロの呪術師でもないにも関わらず、独自の理論で呪術に手を加える事は決して行わない様にしましょう。

近い呪術は混ぜてOK?

先程お話をしたように「似ている呪術・魔術を掛け合わせればより効果が高まる」と、素人は安易に考えてしまいますが、基本的に同系統の呪術というものはほとんど存在しておらず、表面的な内容がよく似た呪術においても、その殆どがまったく異なった呪術理論によって成り立っているものです。

そのため、安易に呪術を掛け合わせると、呪術・魔術が失敗するだけではなく、自分の身に災いが降りかかるというお話をしてきましたが、ただ単純に掛け合わせるという行動だけではなく、表面的に似ている2つの呪術を同一の人物に同時進行で執り行ってしまうと、呪術同士が反発・干渉しあってしまう事によって、「効果が見込めない」「呪術が成功しない」という現象もよくある失敗の原因です。
呪い同士が干渉しあって、呪い同士が打ち消し合い、呪いの効果が相殺されて効果が表われないのであれば、まだ状況としては良い方なのですが、呪術を組み合わせた事によって両方の呪術が失敗してしまった場合には、呪術2つ分の呪い返しにあう事となってしまい、最悪の状況を招く事となります。

では、何故ここまで呪術というものは、単独で手順に沿って執り行わなければならないのか?それは呪術自体に相反する部分が組み込まれている場合も多いからです。
極端なことを言えば、「丑の刻まいり」のような「呪いの念を打ち込む」ことで呪術として成立させる呪いの方法に対し、呪いの媒介となる「依り代を燃やす」ことで対象者に呪いをかけるような呪術を掛け合わせると、もちろん呪術は上手くいきません。

丑の刻まいりの場合、七日七晩憎しみの感情(負の念)を打ち込んだ藁人形が完成した後に、呪い返しなどによって自分に災いが返ってこない様に藁人形を燃やすという行動があります。
これは、こういった呪術・魔術理論のもと成り立っているもので、そこに「呪物・依り代・媒介」などを燃やした事で呪いをかける呪術などといった、全く別の理論によって成り立っている呪術・魔術を掛け合わせたところで、燃やしてしまった時点で呪いが終了してしまい、丑の刻参り自体が上手くいくことはありません。

これは極端な例ですが、呪術・魔術理論に基づき、相反するものを掛け合わせてしまうと言うのは、このような状況を指します。
この他にもヴードゥ人形(ブードゥー人形)のように、針を刺し相手を呪う方法がありますが、呪術の中にも「写真に針を突き立てて人を呪う」方法があります。

この2つは掛け合わせたとしても、特に問題の無いように感じるかもしれませんが、これが、なまじ中途半端に知識のある人間が失敗する典型的なパターンです。
もちろんブードゥーの呪いに沿って執り行うのであれば、呪いたい相手に「危害を加えたい体の部分と同じ場所に針を突き立てていく」というのが、ブードゥー人形の呪いである以上、基本的に何本針を刺したところで問題なく針の本数に制限はありません。

しかし、先ほどお話しをしたような日本の呪術の中にある「写真に針を突き立てる呪いをかける方法」に関して言えば、本数にも意味があり、この本数が少なくても多くても呪いが成立しなくなる呪術であるが故に、安易にこの2つを掛け合わせて大量に針を刺すと、当たり前ですが呪いが失敗に終わります。
この2つの呪術は針を突き立てることで呪いを伝播させるので同じ系統の呪いと思われがちですが、このように魔術・呪術理論としては全く別物であり、安易に掛け合わせると上手く行かないどころか、自分の身に災いが降りかかることとなります。

ではどうすれば良いのか?

自分で呪術を執り行った・執り行いたいのだが素人でも執り行える呪術によって見込める程度の呪いではなく、相手を殺すほどの呪いを掛けたいと思っている場合、一番最初に思いつくのがこういった「呪術・魔術を掛け合わせる」という方法になると思います・

しかし、これについては、ここまで何度もお話しているように『大きな間違い』です。
この呪術・魔術の掛け合わせによってもたらされる効果は、ほとんどの場合「呪術・魔術の失敗」「自分の身に災いが降りかかる」というものになります。

では相手を呪い殺すほどの呪術を執り行う技術や能力は無いが「確実に相手を不幸のどん底へと引きずり下ろす」ような災い・呪いを相手に与えたいという場合にはどうすれば良いか?答えは至極簡単で『専門の呪術師に頼む』という方法でしょう。
素人でも執り行える呪術が無いとは言いませんが、やはり強力な呪いになればなるほど、その分リスクも極端に上がってくるので、基本的には自分の身に災いが降りかからないようにリスクを回避しつつ、相手にそれほど強力な呪いを与えたければ、やはり呪術代行の様な専門の人間に依頼をするというのが無難な方法となるでしょう。

ここまで何度もお話をしているように、呪術というものは非常に繊細な理論の上で成り立っており、1つ間違えただけ自分の身にも災いが降りかかるというリスクがあります。
素人の場合、やはり「手順を間違えた」「途中で失敗してしまった」という状況は非常に起こりやすく、なかなか呪いを成功させることが難しい場合もあります。

また呪術を執り行ったにも関わらず、相手に「呪いの効果が全く現れない」というのも、自分では正しく手順通り行ったつもりなのですが、実際には何か抜けていたり、手順を間違っていたりということによって、相手に全く呪いの効果が表れないという現象が起こる場合もあります。
こういった現象を避けるためには、やはり「失敗する可能性が低い」「失敗したとしても自分の身に災いが降り掛かってくるというリスクがない」という側面から、呪術代行の様な、「プロに依頼をする」という方法が非常に無難な方法となっているでしょう。

それでも「自分で執り行いたい」という場合は、準備するものなどが非常に多く、呪術としてのハードルは高いが、効果は強力といった呪術を選択することをおすすめします。
基本的に、素人でも執り行う事が出来るが、強力な効果も見込める呪術というのは、リスクも高くなり時間も要するものがほとんどです。
こういった部分を呪術代行などによって簡単に解決できるのであれば、リスクもかなり軽減されるので、無理に自分で執り行うよりも、専門の『呪術師に依頼する』という形の方が、あなたにとっても良い結果を招くこととなるでしょう。

-呪術・儀式 人を呪う方法, 心霊体験コラム
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2021 All Rights Reserved.