自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

占い・スピリチュアル

上手く行かないのは運気のせいではない?恋愛運を下げてしまう3つのポイント!!

良い恋愛をしたいのに、何故か「ダメ男・悪い女に引っ掛かる」と言ったことばかり繰り返し、結婚は疎かまともな恋愛も出来ないという状況になってはいないでしょうか?
これについて「自分の恋愛運が悪いからだ」と今悩んでいるのであれば、今回のこの記事の内容について、しっかりと理解を深めてほしいと思います。

恋愛運というものは、自分の行動を1つで上がったり下がったりします。
簡単に変動してしまうこの恋愛運で、悪い恋愛にばかり当たってしまうのは、恋愛運が悪いからと思っているかもしれませんが、原因は恋愛運だけではないかもしれません。
今回は恋愛運を下げてしまう原因3つと、恋愛における恋愛運の重要性という部分などについて、お話をしていきたいと思います。

宿命と運命は別物

根本的な部分のお話となりますが、運勢というものは自分で変えることができます。
多くの人があまり理解をしておらず、勘違いしやすい部分なのですが、根本的に『宿命』と『運命』というものは違います。
『運勢』というのは。『運命』の部分のお話であり、『宿命』というのは持って生まれた環境や生まれ持った定めのことを指します。
スピリチュアルにおいて「運命」というものは、コントロールができるものとされており、運勢が自動的に上がったり下がったりする事はありません。
また恋愛運は良ければ、自動的にあなたの元に良い恋愛を引き寄せてくるといった、運任せのようなものではなく、根本的にこうあなたの行動に起因して起こる「引き寄せの力」です。

例えば、今回の恋愛運という部分に関しての話しで言えば、「縁結びを行う・引き寄せの法則を使う・パワーストーンを身につける」などといった行動によって、運気を上げることはできます。
このように運勢・運命というものは、自分の行いや行動などによりコントロールすることができ、上げることも出来ますし下げることも出来ます。

しかし「宿命」という部分に関しては、自分の努力でコントロールする事はできず、生まれもって刻まれた定めの部分となるので変えることができません。
宿命というのは、自分の力では変えることのできない「偶然によって発生する事象や自分が生まれ持っているもの」であり、例えば自分の生まれた環境であったり・親であったりといったものなどが、この宿命という部分にあたります。
自分自身の努力では、自分の生みの親を選ぶことや偶然によって引き起こされる事象を回避するということはできません。
そのため、宿命の中で定められている事象を避けることはできませんが、恋愛における重要な部分というのは運命の部分なので運勢が大きく関わっており、自分の行動次第でコントロールすることができます。

よく「運命の人」というのを耳にするかと思いますが、運命の人というのは言葉の通り「運命に関わる人」であり、自分の努力によってコントロールし「運命の人を引き寄せる・自分の思った人を運命の人にしていく」というようなことも可能となります。
運命の人を自分の力で定めていくというのは、非常に高度な事となりますので、かなり専門的な知識などを持った上で、スピリチュアル的に強い力を持っていなければ難しいことですが、絶対にコントロールする事が出来ない訳ではありません。

しかし、宿命によって定められた相手というのは避けることはできず、また変化させることもできません。
宿命の中で刻まれた相手というのと「交わる」ということはありますが、一生を添い遂げる宿命を持っていることはありません。
そのため、その相手を運命の人だと「勘違い」することも多いのですが、その人は宿命の人であり今あなたが一緒に時間を共有してはいけない人かもしれません。
その相手が自分の運気を下げる相手であった場合、宿命において交わったとしても、やはり自分で運命を引き寄せ運気を引き上げていかなければ、恋愛運は悪いまま辛い恋愛をすることとなりますので、この部分の違いというのはまず大前提として理解しておいてもらいたいと思います。

方法に囚われている

1つ目の要因としては『方法という部分に囚われてしまっている』という部分です。
多くの人は運勢を上げるために「部屋の模様替えをする・風水に頼る・スピリチュアルに頼る・スマホの待ち受けや暗証番号・SNSのIDを変える・パワーストーンや縁結びのお守りを身につける』などといった、一般的に紹介されており、世の中に溢れかえっている「恋愛運アップの方法」というものを実践します。
もちろん、これらは恋愛運などの運気を引き上げる方法として有効な方法ではあるのですが、先程も説明したようにいくら恋愛運を引き上げたからといって『勝手に恋愛運があなたの運命の人を引き寄せ、あなたと運命の人の縁を結んでくれる』というものではありません。

運勢を上げる方法に囚われ過ぎ、その方法ばかりに目がいってしまい、恋愛運を上げることに躍起になっている人が世の中には溢れています。
いま恋愛運が悪いと感じているのであれば、あなたもこういった状況に陥ってはいないでしょうか?「恋愛運を上げる・運勢を引き上げる」ということは、非常に重要なことの1つではあるのですが、恋愛運を上昇させ運勢を引き上げたからといって、何も行動しなくても「自動的に運命の相手があなたの元に現れ、あなたとの関係が形成される」という訳ではありません。
恋愛運を引き上げることにより、運命の人と出会える確率が上がり、運命の人をよりあなたの元へと引き寄せてくれる力が上がることで、運命の人と結ばれる確率が上がるというものが、あくまで恋愛運の上昇という部分です。
どれだけ運命の人を引き寄せたからといって、その人を自分の元へと留め、その人と結ばれる努力をし、行動を起こさなければ、あなたと結ばれることはありません。

それどころか、恋愛運を上昇させるということは、恋愛を引き寄せる力が上がっている状態であり、良い恋愛だけを引き寄せてくる訳ではなく、あなたと恋愛をする可能性のあるものを全て引き寄せてくることになるので、中には悪い縁も混じっています。
この部分をしっかりと見極めた上で、あなたが行動を起こさない限り、どれだけ恋愛運を上昇させたところで意味はありません。

自分の身の回りのものであったり・環境であったりを変化させ、風水的な部分であったり、スピリチュアル的な部分で運勢を高める行動を起こすというのは、自分の潜在意識を変えるためです。
しかし、そのせいで「恋愛運が下がった」と思い込み「恋愛運が下がったことで恋愛がうまくいかない...」と言っているのは、自分の行動や力によって変化・変動させている「運命」の部分に責任を押し付けているだけです。
この様に「自分は何もしたくないが、良い結果が欲しい」という思いから何かに縋り付いているのは、良い恋愛をつかめない人の大きな特徴です。
環境を変えたり、運勢が変わったところで、あなた自身が変わらなければ現状を変えることはできません。

潜在的に悪い恋愛を求めている

2つ目は、潜在的にあなたが『悪い恋愛を求めている場合』です。
ここまでお話をしたように、運勢や運命というものは自分の行動や努力などによって変化・変動をするものです。
そのため、どれだけ運勢を引き上げ上昇させたところで、あなたが潜在的に悪いものに惹かれてしまい、悪いものを選択しているようでは、良い恋愛というものはできません。
恋愛運がいくら引き上がったところで、あなたが潜在的に「ダメ女・ダメ男が好き」な場合、結局悪い結果を招く人間を選んでしまっており、良い恋愛をすることはできません。

こういった人によくみられる特徴として「彼氏・彼女はダメな人ではなくて、今は少し疲れているだけ・調子が悪いだけ」「彼氏・彼女だってしんどいはずだから、自分が理解をしてあげないといけない」「最初はいい人だったから、いつかきっと戻ってくれるはず」と思っている場合が多いです。
恋愛における縁というものは、一度繋がってしまうと非常に依存しやすく、悪いものだと分かっていても、なかなかその縁を断ち切ることができなくなってしまいます。
また、そういった人によく出会い、縁を繋いでしまう人というのは「潜在的にそういった悪い縁に惹かれてしまう傾向」にあり、その体質からどうしても良い恋愛が出来ない場合があります。

こういった人はまずは『悪縁切り』を行ない、悪縁をしっかり断ち切る必要もあるでしょう。
その上でそういった傾向の人間を「恋人に選ばないように避ける」といった、努力や行動というものをする必要があります。
こういった行動・変化を起こさなければ、今後もどれだけ恋愛運を引き上げ・上昇させたところで、良い恋愛をすることはできないでしょう。

高望みをしている

3つ目は『恋愛に高望みをし過ぎている』場合です。
どれだけ順風満帆な恋愛を送っているように見える人達も、完全に不満がなく100%満足をしているということはありません。
外から見ると満足しているように見えても、その人にはその人にしか分からない不満であったり、悩み辛さというものが必ず存在します。
しかし、それも含めて「その人と一緒に居たい・歩みたい」と思えるからこそ恋愛というものは成り立ちます。

「隣の芝は青く見える」という言葉があるように、自分が置かれている環境というのは、自分のことであるがために悪い部分もしっかりと見えるのですが、他人の置かれている環境というものは、その当事者にしか見えていない・感じれない「苦労や不平・不満」というものもあり、それらが見えていないからこそ、外から客観視していると「とても満足している・順風満帆な関係を築いている」ように見えます。

自分と「感性や趣味」何もかもが一致している人間と一緒にいる時間というものほど面白みのない時間はありません。
こういった部分に不平や不満を感じている人は、恋愛に高望みをし過ぎているのかもしれません。
完璧な関係というものは存在せず、そういった部分を擦り合わせ、お互いに「妥協・許容・共感・共有」というものをしていくからこそ、恋愛というものは楽しいさを感じ『素晴らしい時間を送る』ことができます。

そういった関係性を築くためには、先程から言っているように「自分の努力」というものは不可欠となります。
この「自分が努力をして運勢を引き寄せる」という部分などにも関係してくる部分ではありますが、今あなたが「自分の理想を引き寄せるために行っている行動」であったりという部分が、あなたの思い描いている『理想の相手を引き寄せゲット』するためには足りていないのかもしれません。
自分の理想を手に入れるために行わなければいけない努力というのは、並大抵のものではありません。
今、あなたが行っている行動以上のものをあなたは望んでいないでしょうか?自分が望む理想を手に入れるために、それに見合った努力ができているかという部分に、今一度向き合ってみるのも、1つ理想を掴むためには重要なことかもしれません。
それによって、理想を引き寄せるための運勢・運命を掴みとり、あなたの理想に近い良い恋愛を送れるようになるでしょう。

-占い・スピリチュアル
-, , ,

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2021 All Rights Reserved.