自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

心霊現象・呪い対策・対処法 開運成就の呪い

不幸・不運が続く原因は?その対処法とお祓いの方法

何だか不幸なことが続く、最近不幸続きだ、と言う様な状況が続く。
もしかするとそれは、厄年や運気が下がっているせいかもしれません。
今回は、その理由と原因などの解説とその対処法などについてお話していきましょう。

不幸と厄年の関係について


昔から『人生の中で厄年は3度来る』と言って男女ともに年齢に違いはありますが、3度の厄年があります。
厄年とは、本厄と言われる年から前後1年を、前厄・後厄と言い、数え年で3年間を厄年と言います。

本厄を迎える歳は、上記画像の様に男性が25・42・61歳で、女性が19・33・37歳となっています。
男女では、本厄を迎える歳が違うので間違えない様に確認する事が大事です。

この厄年と言うものは、元々は陰陽道を起源としたものと考えられているのですが、男女ともに人生の分岐点となる事の多い時期となっており、厄が寄ってくる事で運気が下がり厄災に見舞われると言う物です。
この為、不幸に見舞われる事が多く自身だけでは無く、あなたの身の回りの人たちにまで厄が降りかかり不幸の連鎖が生まれるのが厄年と言われるものです。

厄年は、人生のおおきな転機ともなるチャンスが舞い込んでくることも多いですが、一般的には、人生の転機になる事は出来るだけ避けて、その他にも、結婚・出産・転職・引っ越し・家を建てるなどの行為は、良く無いとされています。
しかし、しっかりと厄払いを行った上で、しっかりと開運法やパワースポットに出向くなどして、運気を上向かせてやれば、厄を跳ね除ける事も可能となり様々な事を行っても厄に負けず上手くいかせる事も出来ます。

ご先祖様を正しく祀る


不幸の原因としては、様々な悪いものからあなたを守ってくれているご先祖様を、正しく祀れていない可能性があります。
しかしながらご先祖様は、正しく祀っていないと守って貰うどころかご先祖様が不幸の原因ともなってしまう場合があります。

ご先祖様を祀る時に気を付けなければいけない事としては、先ずご先祖様に何かを願ったり、頼んでしまう行為はしてはいけません。
ご先祖様である仏様に願いを叶える力は、基本的にありません。
それどころかいつまでも頼ってしまう事でご先祖様が成仏できずに留まり、生きている人間の運気まで吸い上げてしまって逆に運気が下がってしまいます。
ご先祖様には、『私たちは、大丈夫です。天国で見守っていて下さい』と伝えるのが良いでしょう。
そうすればご先祖様は自然とあなたの事を天国から見守ってくれます。

この他にも、
・分骨をすると霊障の原因となってしまうので分骨はしない。
・結婚した相手の家系の者を一緒に祀ってしまうと家の中に他者が入って来たので、ご先祖様の居心地が悪くなり怒ってしまうので、ご先祖様同士が喧嘩をしてしまうので位牌など一緒にはしない。
・神様と一緒に祀ってしまうと位も違いますし、住む次元も違うので一緒に祀ってはいけません。神棚と仏壇は遠ざけましょう。
・ご先祖様の写真をいつまでもずっと飾っていると、ご先祖様が戻ってきてしまってこちらに留まってしまうので遺影などでもずっと飾りっぱなしにしない。
などの注意点があり、これらをしっかりと守って祀らないと、あなたの運気を下げてしまい不幸に見舞われてしまう可能性があります。

不幸が続く場合の厄払いについて


上記のような事に気を付けてもまだ不幸が続くと言うあなたは、何か大きな約に憑かれている可能性があります。
こういった場合は、厄払いを行ってみるのも一つの方法です。
厄年を迎える前にも行うこの厄払いですが、【厄除け】・【厄払い】と言い方は異なりますが、どちらも意味は同じで神社・お寺で言い方が違うだけなのでどちらでも行って貰っても同じです。
なので最寄りの大きな神社かお寺に連絡をして厄払いを執り行って貰えば問題ありません。

厄払いの相場としては、大体\5.000~10.000が相場ですが、最近では、大きな神社やお寺の場合、HPに金額が記載されている場合もあります。
金額を事前に問い合わせても『お気持ちで』と言われる事もありますが、その場合は、相場の\5.000~10.000を【紅白蝶結びの水引きが結んである熨斗袋】に入れます。
厄払いを執り行って頂くのがお寺なら【御布施】と、神社なら【御初穂料】と書き、その下に名前を書き、中包みには金額を記載します。
注意点としては、中に入れる金額は、基本的に3.000・5.000・7.000・10.000円となっておりそれ以外の数字はあまり良くないとされています。

厄払いを受ける際の服装や礼儀などについては特に決まりはないのですが、ジーンズにTシャツなどよりは、スーツなどの方が好ましいでしょう。
神社やお寺によっては、『ジーンズ不可』と言う所もありますが、基本的には厄払いに紳士に向き合っていれば問題はありません。
厄払いに限った事ではありませんが、神事ごとなど、お祓いや呪いに関してもそうですが、それ自体に疑念や疑心を持っていたり真剣でなければ基本的に効果はあらわれません。
神様も自分の事を信じておらず真剣でもない人間を救っている程お暇ではありませんから.....

不幸の連鎖を断ち切るには・・・


それでもまだ不幸が続くと言うあなたの不幸には、何か大きな元凶があるのかもしれません。
『悪霊に憑りつかれている』、『他者の呪いを受けている』、『運気の流れに問題がある』、などの大きな元凶を抱えている場合は、根本的に不幸の原因となっているものを改善しなければなりません。

悪霊が憑りついている場合は厄払いだけでは霊を払いきれない場合が殆どです。
もし悪霊に憑かれている場合は、【厄払い】では無く【お祓い】を受けて、あなたに憑りついている悪霊を取り払いましょう。

他者の呪いを受けている場合は、正直一番効果的なのは、あなたに呪いをかけている人物か呪術師を特定して呪いの存在を認識する事ですが、しかしながらこれはかなり難しいので現実的な方法としては、お祓いを受けるか、護符の力を使って呪いを打ち消すのが一番でしょう。

また運気の流れに問題がある場合も、開運の護符の力を使って運気の流れを良くする事も出来ます。

また元凶が対人物であなたに危害を加えてくる場合、どうしても耐えれないと言うあなたは、その対象者に呪いをかけて不幸の原因となっている者を物理的に排除するのも一つの手かもしれません........

-心霊現象・呪い対策・対処法, 開運成就の呪い

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2020 All Rights Reserved.