自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

呪術・儀式 人を呪う方法 日本の呪い 海外の呪い

復讐のための呪い、人を呪う方法とその代償や危険性・注意点とは

人生を狂わされた、幸福を全て奪われた、信じていた人に裏切られた

過去での出来事であっても現在進行で自分の心を締め付け、精神を蝕む恨み。

復讐をして恨みを晴らしたい、許すことのできない相手がいるが、方法がわからないが故に諦めている人は現実に多くいるのです。

復讐の方法は様々ですが、最も現実世界でのリスクが低い方法が呪いであります。

単純に暴力に出ても法律により罰せられ、社会的に貶めようとしても法律によって罰せられます。復讐をする理由は裏切りや理不尽な扱いなど様々ですが、自分の受けた苦悩・苦痛を相手に返す事にです。しかし、復讐によって罰を受けてさらに苦痛を受けつことは本末転倒です。

対して、「呪い」というものは相手に伝えて脅迫罪になるというリスクを除けば、相手を破滅させて結果的に死に追いやる事になっても法律によって罰を受けることがありません。

一見、ノーリスクに思える呪いによる復讐なのですが、「人を呪わば穴二つ」という言葉があるように当然として代償や危険性は周知の事実としてあります。

呪いにおける代償や危険性といったリスクの発生源は呪いの持つ複雑さにあります。単純な暴力などでは単純なリスクがあるのですが、逆説的に複雑な呪いのリスクは複雑さに起因するため、手順と注意点さえ踏まえれば実質的にノーリスクです。

つまり、多くの人はリスクを避けた呪いの方法・注意点を知らないが故に心の闇を抱えたまま諦めてしまっているのです。

今回は復讐のための呪い、人を呪う方法を紹介し、同時に代償や危険性・注意点についても解説していきます。

復讐のための呪いとは 復讐をすることの大切さ

復讐をしたい思いを誰かに伝えても返ってくる答えは同情か静止の言葉です。

ましてやそれが「呪い」による復讐であれば誰にも相談することはできません。

「ひどいよね」「忘れようよ」「復讐なんて空虚だ」と言うことは簡単ですが、実際に復讐を願うほどの苦痛・苦悩を受けた人間でなければわからない感情があります。

実際に復讐は意味のないことです。しかし、意味がないことだからやらなくても良いという論理は成り立たないのです。

人間の人生の大部分は意味のないことで形成されています。重要なことは行動の意味ではなく「価値」なのです。復讐を果たすさないと前を向けない人もいます、忘れることのできない記憶に苦しむ人もいます、心に暗雲で埋め尽くされ空虚すら得ることができないこともあります。

これらの苦しみがなくなると言うだけで価値は十分にあります。

ここから先は実際に人を呪う方法を紹介していきますが、自身の中にある復讐の価値を十分に確認してください。

復讐を果たすことは本人にしかわからない大切なことなのです。

復讐のための呪いの方法 難易度順に紹介

ここから紹介する呪いを実行した際に起こりうる、あらゆる事態において当団体は一切の責任を持ちません。実行する際は当記事を最後までお読みいただき、深く理解された上で行ってください。

東洋的な呪い 鉄と血の呪い

鉄と血の呪いはその名の通り自らの血液を媒体とした呪いであります。故に意図的に怪我をする必要がありますので、ご注意ください。

1.鋭利な刃物はたは、針などで右手の薬指の指先に傷をつけて出血させる。

2.出血した血と砂鉄を混ぜる。(比率は1:1程度を意識する)

3.下記の呪いの文言を鉄と血の混合物に唱える。

「血は魂、鉄は怨恨。束ねるは魑魅魍魎。今、復讐者となりて、積年の怨みを捧ぐ。(相手の名前)に禍あれ。」怨恨(えんこん)、魑魅魍魎(ちみもうりょう)、禍(わざわい)

4.鉄と血の混合物を自然乾燥させた後に紙や布に包んで燃やす。

5.最後に残った灰と清めた塩をまぜて人目につかない山などの土の中に埋める。

概要:鉄と血の呪いは怨敵を心理的・精神的に苦しめる事に特化した、内部から徐々に殺す呪いです。生きている人間の血には生命力が宿っています。鉄は魑魅魍魎の触媒となる能力が高く、妖刀などが良い例として挙げることができます。血の生命力と魑魅魍魎を宿すのに適した鉄を合わせる事で強力な呪いを行う材料が形成されるのです。この呪いの最大の呪いは自身の怨念を効率よく用いることであります。通常の呪いは怨念が体外に出た際に薄まってしまう事に対して、この呪いは魑魅魍魎という導線を用いることで怨念の力が薄れることがないのです。

例えば、普通に呪うよりも死して怨霊となって呪う方が一般的に効果が高いことと同様に、自身が怨霊となる代わりに既にこの世のものでない魑魅魍魎に怨念を託すのです。自身の怨念のみで行う呪いとは異なり、自身の怨念に魑魅魍魎の力の上乗せするので素人が個人で行うには最高峰の力を持ちます。自身の生命力の一部、触媒の鉄、怨念の力を代償として魑魅魍魎に支払う呪いなので一度のみの行使に留めてください。

効果:概要でおおままには説明しましたが、相手を内部から破壊していく呪いであります。つまり、病に近い効果が大きく副要素として運気の低迷、不幸の連続などがあります。これらの効果は双方から作用し、内部からの心身不調・疲労により失敗などの不幸が続く、失敗や不幸から心身を病んでしまうという同時か片方から効果が波及し終焉へと至ります。段階的に長い苦しみを与えたいときに適した呪いでありますが、相手が延々と苦しむ姿を同情せずに見る覚悟が必要な不可逆の呪いです。

注意点:呪いの三原則、「見られない」「気づかれない」「中止しない」を守ってください。

血は多ければ効果も増えますが、多量の失血は危険です。それは、身体的な危険もありますが、自身の生命力を入れすぎると呪いの完了の前に魑魅魍魎に憑かれてしまう危険があります。呪いのあとの焼却は必ず行ってください。燃やして血の中にある生命情報をなくさないと放った魑魅魍魎との繋がりが切れないので、後々に反動がきてしまいます。燃やした灰を土に埋めることで自然に帰り浄化することができますので、埋める場所はできるだけ綺麗な場所にしてください。

西洋的な呪い 魔鏡の呪い

1.呪いたい相手の名前を紙に書き込む。

2.以下の呪文を唱えながら紙にさらに13回「H」と書き込む。

「エーテル (相手の名前) ハート コピー 」

3.書き込んだ紙を鏡に写しながら以下の呪文を唱える。

「鏡面の虚像 二重の心臓をいま重ね合わせ現出する。 世界は交差し、反転する」虚像(きょぞう)、現出(げんしゅつ)

4.鏡に紙を写したまま「H」の字の中心を狙って紙に針を指す。

5.針を抜いた紙を十三日間、土の中に埋めた後に焼却する。(誤差範囲+5分)

概要:この魔術は紙に書いた人物の心臓のコピー作り、破壊する魔術的な呪いです。「H」の字を13回の詠唱とともに描き重ねることで相手のあなたのエーテル魔力を消費し、相手の心臓の虚像が完成します。心臓を複製したい相手のことを具体的に思い浮かべる程、複製の精度を高めることができるのです。しかし、この状態ではこの世界おいて心臓が2個あるだけで、破壊をしても相手には呪いの効果はありません。そこで、鏡を用いて相手の心臓と手元にある心臓を鏡面世界の中で重ねわせ呪文を詠唱することで反転させるのです。反転させた本物の心臓に針を指すことで相手を呪うことができます。その後は、紙に宿った魔力を土の中で自然に放出し通常の紙に戻し終了です。

効果:西洋の呪いとしてとても単純かつ強力なもので最大に成功すれば相手の心臓を止めることができます。また、この魔術は新月の日の周期で何回でも行使するつことができますので、一回で相手の心臓を止めることができなくてもダメージの蓄積や毎回の即死効果の期待ができる直接的かつ、実用的な西洋の呪いです。術式の内容としてはプロの黒魔術師が暗殺の際に実際に用いるものの簡易版であるため、素人ができる範囲の中の魔術では最高峰の強力な効果があります。瞬間的な死や心臓を中心的に攻撃するので、心理的・精神的な効果は薄いですので、恐怖や絶望を与えたい際には適した呪いではありません。苦しむ余地すら与えずに殺したいというときには効果的です。

注意点:呪いの三原則、「見られない」「気づかれない」「中止しない」を守ってください。

新月の日、0時〜1時までの間に行ってください。また、埋めた時刻を分単位まで正確に記録し、+五分以内に掘り起こす必要があります。紙の中の魔力が消失しても行使者の魔力の形跡が残り、紙を通じて自然に魔力を吸い取られるので危険です。また、非常に魔力を消費するので連続行使や13回以上の複写は自分にとっても害となります。鏡に紙を写す時は自分の身体は写らないよう、鏡一面に紙が写るように双方のサイズを自分で調節してください。

呪具を製作する呪い 呪肉の呪具

1.藁人形、釘、木槌の三点を用意する

2.六日間、深夜2時から2時半の間に以下の順で詠唱を行いながら釘を刺す

一日目「我、今この時より六日の後に汝の五体生命を奪う者。その、怨み、恐怖、苦痛忘れるべからず。まずは、右腕を貰い受ける」

二日目「我、汝の右足を貰い受ける」

三日目「我、汝の左足を貰い受ける」

四日目「我、汝の左腕を貰い受ける」

五日目「我、汝の頭蓋を貰い受ける」

六日目「我、汝の心臓を貰い受ける」

3.六日目の釘を打ち終えた後に人形に以下の呪文を唱える。

「我、理不尽なる者。汝の五体生命を奪いし、無慈悲なる悪辣の徒。その怨み返されるは(相手の名前)なり。その恐怖を返されるは(相手の名前)なり。その苦痛を返されるは(相手の名前)なり。我、(相手の名前)の使徒なれば、罪を贖うは我にあらず。以上を持って汝の受肉とする。」汝(なんじ)、悪辣(あくらつ)、贖う(あがなう)、受肉(じゅにく)

4.任意の場所に人目に触れぬよう藁人形を設置する。

概要:丑の刻参りを応用した呪具という強い呪いの込められた道具を作る儀式になります。儀式自体に呪いの効果は無いのですが藁人形にとても強い呪いが宿ります。自分の呪いを直接相手に送るのではなく、藁人形に怨みの念を持たせる間接的な復讐になのです。六日間にわたり理不尽に五体と生命を徐々に奪われる「怨み」「恐怖」「苦痛」を味わせた人形には強大な怨念が生まれます。そして、最後に怨念に方向性と復讐を行うための肉体を与える文言を唱ることで呪具が自我を持って対象に呪いを送ることが特徴です。

効果:呪具の発する呪いによって呪いの対象は心身ともに弱っていきます。また、受肉した呪具は他人の体を操作し相手に害を与えるように動き、相手は迫害を受けるようになり立場を失うのです。釘を刺した部分から順に症状が出始め、その効果が心臓まで至るまで相手は自身の体に降りかかる原因不明の禍に恐怖と絶望に支配されます。怪我や事故、病気などをはじめとした身体的な不幸や悪夢、躁鬱、自殺願望など付与することができるのですが、常に呪具に生命を狙われ徐々に大事なものを奪われていく効果が一番大きいです。そして心の臓に釘が届いたとき、対象は最大の苦痛の中で死を迎えることとなります。

注意点:呪いの三原則、「見られない」「気づかれない」「中止しない」を守ってください。

2〜4の制作期間に藁人形に顔が見られないように隠すことが重要になります。あくまで、正体のわからない呪いたい相手の代行者として儀式を行わなければ呪具の呪いの対象が自分に移ってしまうので、とても危険です。任意の場所は呪いたい相手に近ければ近いほど効果が高まりますが、不法侵入や不法投棄にならないようにご注意ください。設置後は人形を意識しない、確認のために見ない事が大切です。ご家族がいる場合はご家族の顔が人形に見られないようにしてください。顔を見られないのは釘を打つとき以外も同様で、制作手順後は箱などに閉まってからか、専用の部屋を用意して行うのが安全です。

人を呪うことに付随する代償と危険性について

呪いと代償の関係性 代償と犠牲と生贄は違う

人を呪うことには必ず代償が必要です。

怨念は感情でしかありません、人を呪うには怨念に形を与えなければならないのです。しかし、決して重く考える必要はありません。メディアの影響で往々にして代償と生贄を混同されることがありますが、呪いを行う時間も労力も材料も代償の一部なのです。紙や藁人形を用意するのにもお金がかかります、儀式にも気力や魔力が必要となります。呪いにおいてはこれらを代償として支払う事で呪いの効果を得ることができるのです。

簡単に言ってしまえば労働の対価として賃金が支払われることと同様に、呪いも代償の対価に効果を与えることができるのです。あとは、仕事の難易度や業種によって賃金が高くなるように、呪いも難易度や犠牲の大きさによって効果も高まります。

代償という言葉の荘厳さに気圧される必要はありません。怯えれば逆に心にできた隙間に呪いが入り込み反動や副作用の元となります。これは、重く考えすぎずに当然のことであると言っていることですので、決して気を許さないことも重要です。気を許してしまえば、今度は自身の気を奪われてしまう危険性も発生します。

要約すれば、呪いも真剣に向き合えば大丈夫だということになります。

また、復讐の呪いの際に「犠牲を払う」という考えは持たないことも大切です。大切な物を手に入れる事に対して人は犠牲を払うとは言いません。価値のある行動に対して犠牲を払うという言葉は適さないのです。

ここまで、言葉の解釈にこだわる理由は呪いには多くの場合に言葉を話す、言葉を書く行為が伴うからであります。言葉は直接的に感情に形を与える呪いの基本になります。基本の軸が歪むと、バタフライ効果的に難易度が高くなるにつれ歪みは大きくなり、反動も大きくなります。

呪といは代償を払って対価を得る行為であり、「願う」でもなく、「犠牲を支払う」でもなく、「代償を払う」等価交換の関係の上に成り立っているのです。

呪いを行うことの三つの大きな危険性と注意点

呪いを行う際に様々な危険性が付随してしまいます。その中でも一般人が呪いを行う際には三つの大きな危険があります。

一つ目の危険性は「良心の呵責」です。

驚きかもしれませんが、呪いを行った人の多くが想像以上の効果の大きさに良心の呵責を感じて後悔してしまいます。しかし、熟考すれば当然のことで、自分の中に良心があるからこそ単純に暴力的な復讐が行えない面も人間にはあり、冷血な人間は「呪い」という手段に辿り着く前に復讐をしているのです。だからこそ、多くの場合に「呪いを行う際はよくよく考えて実行してください」という注意書きがあるのです。

怨敵であっても目の前で全て失い、苦痛と絶望の渦中に陥ると後悔や同情しないという人以外は強力な呪いは行わないことが好ましいです。過去に、呪いで人を殺した後悔から一生立ち直れなかった人もいます。

呪いはかけるのは簡単ですが、専門家でなければ解くのは難しいです。基本的に効果の強力な呪いは難易度も高く、成功率も低くなるため実行する人は覚悟の上での行動であるとは思いますが、二重、三重の覚悟は必要になります。

良心の呵責は自身の「後悔」以外にも、呪いが返ってくる可能性を高めるので、「一切の呵責なく」の気持ちを整えることが大切です。

二つ目が、「呪いの失敗」です。

これはとても単純なことなのですが、「手順を間違う」「注意事項を守らない」「他人に呪いがバレる」などを含めて呪いの失敗は反動や呪いが返ってくるという危険性があります。しかし、「手順を守ったのに反作用がある」という人が多いのが現実です。

理由として様々なことがあるのですが、単純に気力や魔力の消費による疲労を「反動」と勘違いしていることが多いです。もう一つ大きな理由があるとすれば、「手順に気を取られる」という事による失敗があります。難易度の高い呪いは手順が複雑であるが故に多くの人が解説を読みながら行ってしまいます。特に呪文の詠唱や記述の際に解説を見ながら行ってしまうのですが、呪いにおいて重要なのは「念」なので他方に気が向いていると成功率が下がります。

単純に効果が出ないだけなら大丈夫なのですが、反動が出てしまい自身が呪われることもあるので、呪いは覚えてから実行することが重要です。

一応、区別しておきますが「目に見える効果がない=失敗」ではありません。例えば、面には出ていないが心が病んでいたり、不眠や悪夢で内面的に本人が苦しんでいることもあります。長い目で見て全く効果がないようなら「失敗」ではなく「不発」であったと考えましょう。

三つ目が、「呪いに慣れてしまう」ことです。

これは、二つ目にも関係しているのですが、満足のいく結果がすぐに見えないことで呪いを頻繁に行ってしまうなど、非日常に「慣れ」てしまうことがあります。

「怪物と対峙する者は、自身も怪物にならぬように気をつけよ。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。」という言葉があります。この言葉の意味は「怪物を理解する」ということは自信が怪物に近づくということです。呪いという非日常が日常になってしまうことで、自身の周囲で起こる以上に気づけなくなります。果てには呪いという強力な力に魂が染められ自身が呪いになってしまうのです。

実際に多くの人が「呪いに囚われる」という状況に堕ちっています。本来的に呪いは復讐のための手段であり従軸に復讐という目的がありますが、呪いに囚われた人は「呪う行為」自体が目的になってしまうのです。

加えて、単純に頻繁に呪いを行うことは体力や気力など生命活動に必要な力の欠如につながり、現在の苦痛や苦悩が肥大化してしまう可能性があります。例えば、医者が業務過多で免疫が低くなり病になってしまうように、呪いの頻発は体の毒でしかありません。

月に一度しかしていけない呪いが10種あれば10回して良いわけではなく、「生活維持に必要な体力・気力を考慮して、一ヶ月分の力がなくなる」という意味の文言なので、極端に言えば死んでしまう可能性すらあります。

「呪う」と言う行為が自身の日常の一部にならないように注意しければ大きな危険があります。

これらが呪いに伴う大きな危険性ですが、その他にも個別に注意や危険性があるので上記の三点は共通の注意事項として覚えておいてください。

最後に

今回は復讐のための呪い、人を呪う方法と代償、危険性と注意点などについて解説してきました。

復讐のための呪いの根底について最後に解説していきます。

「復讐のための呪い」という言葉には想像以上に大きな意味があります。「呪い」という言葉の「呪い」という漢字には「まじない」という読み方もあり、根底にあるのは俗世的に誰かに害を成すための術というものではなく、所願成就により良い人生を歩むための術であります。

つまり、呪いとは復讐という願望成就の一種でなのです。

呪い=復讐という考えは厳密には異なり、呪い(まじない)の中から復讐のための呪い(のろい)が生まれたという道順を認識しなければなりません。単純な方法では復讐を果たせない過去の弱者が発展・開発した呪いの術は根底に呪い(まじない)があるのです。

確認してみれば当然の事のように思えますが、呪いを行う前に確認しなければいけない必須条件です。

願望成就とは「より良い人生を歩むための願いで」あり、真に着目すべきは先に続く道なのです。復讐は人生の一個の分岐点であり、分岐点は自身の行動次第で「単純に復讐する」「復讐しない」「全部許して忘れる」「呪いで復讐する」と無限に広がっています。どの道を進むかというスイッチは自分の手元にあって、選択次第で全く異なる道が広がっているのです。

だからこそ、選択をするときには想像力を最大限に発揮させ、未来を予想しなければ選択が無意味になってしまう可能性があります。

例えば、実際に目の前で相手が血反吐を吐いて苦しむことを「良し」とできない人もいます。そうなった場合、苦しみから逃れるために「呪いによる復讐」という分岐点を選んだ意味が完全に消失してしまうのです。

このように、言語化し再確認することには大きな意義があります。

非常に大きな意義のある復讐のための呪いですが、その先に「幸福な未来があるのか」「空虚な世界があるのか」、それだけは如何に強大な呪いを成功させたとしても自分次第なのです。

-呪術・儀式 人を呪う方法, 日本の呪い, 海外の呪い
-

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2020 All Rights Reserved.