人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

日本の呪術・黒魔術・心霊スポット・オカルト・藁人形・復讐の呪い・恋愛の呪い

占い・スピリチュアル・診断

本来の性格や他人との相性がわかるソウルナンバー(運命数)性格診断・占いの方法・やり方と診断結果一覧

2018/03/06

TVや雑誌などでも多く取り上げられており、心霊・オカルトや手相占いなどで有名な、芸人・島田秀平さんが、『やりすぎ都市伝説』や『仁志松本のゾッとする話』などで紹介したことで、一躍有名となったソウルナンバー性格診断・占い。

この『ソウルナンバー(運命数)』と言うのは、生年月日から導き出されるソウルナンバー(運命数)を見るだけで、あなたの性格や他人との相性がわかってしまうと言うものです。
誰にでも簡単に診断・占いする事が出来るにもかかわらず、その内容があまりに当たっている事で話題となった診断・占いです。

今回はこの【ソウルナンバー性格診断・占い】に必要な、ソウルナンバー(運命数)の出し方から、ソウルナンバー性格診断・占いのやり方までを詳しくご紹介していこうと思います。

ソウルナンバー(運命数)とは?出し方は?

先ず最初に、ソウルナンバー(運命数)とは、生年月日の数字を1ケタになるまで足して出た1~9までの数字が、その人のソウルナンバー(運命数)となります。
具体手に言うと、今回は、せっかくですので『島田秀平』さんのソウルナンバー(運命数)を出してみたいと思います。

まずは、生年月日の数字を全て1つずつに分けます。
島田秀平さんの場合、1977年12月5日生まれなので、この場合『1・9・7・7・1・2・5』の7ケタの数字に分かれます。
この7ケタの数字を全て足していきます。
『1+9+7+7+1+2+5=32』となります。
この場合まだ数字が1ケタになっていないので、また数字を分けて1ケタになるまで足していきます。
『32』なので『3・2』に分けて『3+2=5』となり、島田秀平さんのソウルナンバー(運命数)は、『5』となります。

この様に生年月日の数字を足していき一ケタになるまで足してでた数字が、あなたのソウルナンバー(運命数)となります。
しかし例外として全ての数字を足した時に『11・22・33』等の様にゾロ目になった場合は、その数字がアナタのソウルナンバー(運命数)となります。

ソウルナンバー(運命数)別の性格診断の結果一覧

上記の方法によって『ソウルナンバー(運命数)』を導き出す事が出来れば、各ソウルナンバー(運命数)ごとの性格診断としては以下の通りとなります。

【1】
『才能も運もあるが、ハートが弱く小心者』

【2】
『頭がよく直感も働くが、短気で人からあれこれ言われたくない』

【3】
『面倒見がよく芸術センスがあるが、ストレスを溜めやすい』

【4】
『働き者でリーダーシップがあるが、クールで人間味がない』

【5】
『マイペースで安定志向だが、恋愛下手』

【6】
『八方美人で愛情深いが、裏切りを許さない』

【7】
『お調子者でパワフルだが、デリケートで傷つきやすい』

【8】
『こだわりが強く金運もあるが、ものの考え方が極端』

【9】
『記憶力がよく天才肌だが、寂しがり屋で1番浮気しやすい』

上記がソウルナンバー(運命数)ごとの本来の性格と言われている診断結果となります。
あなたのソウルナンバー(運命数)と診断結果は一致していたでしょうか?
もし一致していなかったと思うあなたは、まだ本当の自分に気付けていないのかもしれません。

ソウルナンバー(運命数)の相性診断について

ソウルナンバー(運命数)による相性診断としては、特に難しいものでは無く、単純にソウルナンバー(運命数)の数字の近い者同士ほど相性が良く、ソウルナンバー(運命数)の数字が遠退くほど相性が悪くなります。
その中でも、ソウルナンバー(運命数)が同じ者同士を、『ソウルメイト』と言い最上級の相性の良さを誇ります。
ソウルメイト同士は、恋愛・友人・仕事など如何なる関係性であっても何事も上手く行くほどに相性が良く、思いをいちいち言葉に出さなくても理解しあえるほどの関係性、まさに阿吽の呼吸の様な関係が築けるほどに相性がいいとされています。

-占い・スピリチュアル・診断
-, , ,