自分でできる日本の呪術・黒魔術・復讐の呪い・恋愛の呪い

日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

心霊スポット

【関東厳選心霊スポット】女子高殺害事件の現場『油井グランドホテル(ホテル活魚)』(千葉県東金市)

今回ご紹介する心霊スポットは、関東最強の心霊スポットとして有名心霊番組「世界の怖い夜!真夏に震える恐怖の絶叫SP」でも紹介された、【油井グランドホテル(ホテル活魚)】です。

この油井グランドホテル(ホテル活魚)は、女子高生が殺害された後、放置されていた冷蔵庫の中に詰められ遺体遺棄されたという、凄惨な事件が発生した事件現場でもあり、営業当初もホテルから料亭となり、後にラブホテルとなる様な、当時から曰くが多かった場所です。

アクセスとしては、付近まで公共交通機関が通っているので、日中であれば徒歩などでも訪れることは可能です。
駅からとなると少し遠いのですが、駅からバスに乗り付近のバス停からであれば、徒歩6分ほどのところなので、それをそれほど大変ではないかと思います。
しかし、公共交通機関は日中のみなので、基本は車かバイクという形になるとは思いますが、どちらであったとしてもアクセスが可能である場所なので、有名心霊スポットの中では、アクセスが非常に良い心霊スポットとなっていると思います。
~ページ下部に地図記載~

〇遭遇する心霊現象

この心霊スポット、『油井グランドホテル(ホテル活魚)』で報告されている心霊現象としては、

・2階の窓から女性が覗いている
・高確率で心霊写真が撮れる
・うめき声のような不審な声が聞こえる
・急に非常に強い異臭がする
・2階へ登ると空気が異常に重たくなる
・扉がひとりでに突然閉まる

これらが油井グランドホテル(ホテル活魚)において、起きると報告されている特有の心霊現象です。

この他にも一般的な、「金縛りに遭う・異様な気配を感じる・懐中電灯など電子機器の異常」といった、一般的な心霊スポットでも、よくある報告の心霊現象も多数発生している様で、とにかく心霊現象の数が多いのが、この油井グランドホテル(ホテル活魚)が関東最恐心霊スポットと言われる所以です。

〇心霊現象が起こる場所・時刻・注意点

この「油井グランドホテル(ホテル活魚)」において、心霊現象が起こるとされている場所は、建物周辺から建物内部全域となります。
中でも、ホテル2階部分の奥から2番目の部屋というのが、一番心霊現象の報告も多く、焼身自殺があった部屋と言われている部屋となり、この部屋が一番メインの場所となっています。
この部屋では、心霊写真などは当たり前のように撮れると言われており、非常に危険な部屋となっています。

また一階の調理場(キッチン)部分では、女子高生が殺された後に、詰め込まれていた冷蔵庫があったとされている場所で、こちらも非常に多くの心霊体験が報告されています。
油井グランドホテル(ホテル活魚)の2階というのは、全体的に心霊現象の報告が多く、廊下などでも金縛りや人外(霊やこの世のものでは無い者)の気配・心霊写真などと、とにかく心霊体験の多くは、このホテルの2階部分で起きる事が多く、扉が勝手に閉まるなどの心霊現象も、この2階にて起きている報告ばかりです。

心霊現象の多い時間帯としては、やはり夜間から深夜帯にかけてになると思いますが、日中においても2階部分の廊下は非常に暗く、霊との遭遇や心霊現象の報告が後を絶ちませんので、夜間・深夜帯に限った心霊スポットでは無く、数は少なくなると思いますが、日中でも霊障に遭います。

注意点としては、廃墟という特性上、建物自体の老朽化による倒壊・崩落などの危険性が高いので、物理的危険性が高いという部分は注意してもらいたいと思います。
また、あくまで私有地ですので、許可無く立ち入ることは、当たり前ですが原則禁止となっています。
不法侵入など犯罪に抵触しないよう注意してもらいたいと思います。

〇心霊スポット概要

今回ご紹介している、この『油井グランドホテル(ホテル活魚)』は、2014年7月16日放送の有名心霊番組「世界の怖い夜!真夏に震える恐怖の絶叫SP」にて、関東最強の心霊スポットと紹介されるほどの、超有名最恐心霊スポットとなっています。

元々は1975年に、「油井グランドホテル」という名で、ホテルとして開業されましたが、この当時から悪い噂が多く、経営不振により廃業。
その後に、割烹料理屋と業態を変え、この時「活魚」という名前で営業を開始しますが、こちらもやはり数年で廃業してしまいます。
さらにこの建物は、モーテル(ラブホテル)へと営業形態を変えていきますが、1998年に廃業し、その後管理されることなく放置され廃墟と化します。

この油井グランドホテル(ホテル活魚)に関しては、様々な噂が飛び交っており、詳細はハッキリとしていませんが、ホテルに宿泊していた客同士が争った挙句に刺殺事件を起こした・焼身自殺が発生などと、営業当時から悪い噂が絶えず、結果としては経営不振に陥ったと言われています。
その後、廃墟と化したこの油井グランドホテル(ホテル活魚)は、営業中から刺殺事件などの悪い噂が絶えなかったこともあり、地元住民の間では、有名な心霊スポットとなり肝試しなどに訪れる人間も増えましたが、ここまで有名な心霊スポットではありませんでした。
しかし、この心霊スポット「油井グランドホテル(ホテル活魚)」が、全国区になり非常に有名かつ強力な心霊スポットとなる事件が、2004年に発生します。

この2004年に発生した事件と言うのが、『油井グランドホテル女子高生殺人事件』です。
事件の簡単な概要を説明すると、2004年12月22日、当時高校生だった女性が明け方まで友人達と遊んだ帰り道に、男性5人組に強盗目的で襲われます。その時に被害女性は相手の男性の顔を見てしまい、連れ去られる事となってしまいます。
誘拐され連れ去られた先が、事件現場となる油井グランドホテル(ホテル活魚)で、被害女性はこの油井グランドホテル(ホテル活魚)において、暴行(暴力・レイプなど)をされたあげく、電気コードによって絞殺され、その遺体を当時ホテルに放置されていた大型冷蔵庫の中にへ、体育座りの体制で詰め込まれ、そのまま遺体遺棄されました。
この事件自体、男性5人組のうち3人が未成年だったこともあり、報道規制がしかれハッキリとわかっていない部分も多いのですが、強盗ではなく元々暴行目的で拉致・誘拐したのではないか?とも言われている事件です。

この凄惨な事件がきっかけで、油井グランドホテル(ホテル活魚)は心霊スポットとして、本格的ないわくつきの場所となってしまい、その名を全国に轟かすこととなってしまいます。
ここで、冒頭の部分に戻りますが、2014年には有名心霊番組「世界の怖い夜」によって取り上げられたことによって、さらにその知名度は高まり、現在では関東でも指折りの最恐心霊スポットとなり、千葉県最恐とも言われている心霊スポットと化していきました。
この女子高生殺害事件によって、被害に遭った女子高生の怨念が、今もなおこのホテル内を徘徊していると言われており、有名な霊能力者たちも、決して近寄りたがらない、非常に危険な心霊スポットとなっているので、面白半分・遊び半分でこの場所には、決して近づかない方が良いでしょう。
≪〒283-0804 千葉県東金市油井258≫

当サイトの紹介記事は肝試しによる犯罪行為(所有地への不法侵入やごみの廃棄等)を助長するものではありません。肝試しによって心霊スポットを訪れる場合は、各個人の責任で訪れて下さい。当サイトでは一切の責任を負いかねます。

-心霊スポット
-, , , ,

Copyright© 日本の呪術・海外魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2020 All Rights Reserved.