人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

日本の呪術・黒魔術・心霊スポット・オカルト・藁人形・復讐の呪い・恋愛の呪い

心霊スポット

【関西厳選心霊スポット】映画 銀河鉄道の夜のロケ地にもなった廃校舎『旧須知小学校』(京都市船井郡)

2018/02/17

今回ご紹介していく心霊スポットは、京都府は、船井郡の須知に今も静かにたたずむ、廃校となった小学校、【旧須知小学校】について、ご紹介していきたいと思います。

この旧須知小学校は、その歴史は古く明治5年にできたと言われている小学校で、この旧須知小学校の廃校舎には、小学校ならではのいわくや怪談も多く存在しています。
廃校後は、木造校舎の重要建築として校舎が取り壊される事は無く、学童保育などに使用されています。

交通機関としては、JR山陰本線『園部』駅よりJRバスで【新須知】下車徒歩5分と言ったところです。
しかしながら以前にもご紹介しましたが、この辺りは、交通機関の本数も少なく1時間に1本程度で、バス・電車の連動も悪いのであまりオススメは出来ません。
やはりこの辺りに向かわれる場合は、バイクや車などで訪れるのをオススメします。
≪京都府船井郡京丹波町須知金剛寺谷40番地≫

〇遭遇する心霊現象

この旧須知小学校では、有名な学校の七不思議系はもちろん、それ以外にも独自のものもあります。
有名系としては、今では置いている小学校も珍しいですが、『夜になると二宮金次郎の像が動き出す』や『女子トイレの3番目のトイレに、トイレの花子さんが出る』といった様なものが多数あります。
独自のものとしては、これも小学校に良くある感じのものですが、『裏山にある首なし地蔵の、頭を持っていると、運動会で1着になる』や、『体育館にある校歌の裏側に血文字書いてありその上にお札が貼ってある』と言った様なものがあります。

その他にも分かり易い心霊現象として、『いるはずのない子供がいる』と言うものが多く、学童保育などでも数が合わない事が多々あった様です。
『プールサイドに立つ子供の霊』や『体育館ステージ下から物音や声が聞こえる』といった様なものもあります。

心霊写真も割と頻繁に撮れる様で、オーブ程度であれば日中でも撮影されることが多々ある様です。

〇心霊現象が起こる場所・時刻・注意点

心霊現象が起こると言われている場所は、学校敷地内全区域で言われていますが、最も多いのは、『体育館』、『プール』、『裏山入口周辺』の3ヶ所です。

時刻的には、特に制限は無く日中でも霊が出現する事も多々ある心霊スポットとなっています。

注意点としては、特に敷地内に関しては、立ち入りが禁止されている場所ではないのですが、校舎内などに関しては立ち入りには許可が必要となります。
また日中は、学童保育などで子供が居る事が多いのであまりうろうろとしていると通報される可能性もありますので気を付けた方が良いでしょう。

〇心霊スポット概要

この旧須知小学校は、始まりは明治5年にまで遡ると言われており、現在の校舎の場所へは、明治23年に移ったと言われています。
旧木造校舎は、現在では珍しく貴重なので取り壊される事も無く、今もその場に残されています。
かつては、映画【銀河鉄道の夜】のロケ地にもなっていたなどと言う事もあり一部では有名な場所なのですが、その反面長い歴史の中で、怨恨、無念、など様々な感情を受け止めてきたこの校舎には、多くの感情が渦巻いていると思われます。
また山に隣接しているのですが、この裏山にはお墓があったり、首なし地蔵があり日中でも不気味な雰囲気があります。

~以下周辺写真~

≪プールサイドに溺れて死んだ男の子が立つと言われているプール≫

≪夜動き出すと言われている二宮金次郎≫

≪中庭≫

≪夜になると霊が立っていると言われている校舎下をくぐる通路≫

当サイトの紹介記事は肝試しによる犯罪行為を助長するものではありません。肝試しによって心霊スポットを訪れる場合は、各個人の責任で訪れて下さい。当サイトでは、一切の責任を負いかねます。また肝試しを行った事による心霊現象等のクレームも責任は負いかねますのでご了承下さい。公共の場では、肝試しなどによる心霊スポットの不法侵入や住居侵入・ゴミのポイ捨て等の犯罪行為にあたらない様に十分気を付けてマナーを守った上で行いましょう。

-心霊スポット
-, ,