人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

日本の呪術・黒魔術・心霊スポット・オカルト・藁人形・復讐の呪い・恋愛の呪い

心霊体験コラム 日本の呪い

【体験談に学ぶ】悪縁の特徴、関係の深まり方、縁切り方法

2019/08/17

悪縁の特徴、関係の深まり方、縁切り方法まで様々なネット記事で紹介されています。

でも、それらは体験を通してしか効果を実感することができません。

 

この記事の筆者である私は、恋愛経験を通じて“悪縁の正体”を知りました。

ほとんど無意識のうちに自分を不幸のどん底に追いやる人物こそが、悪縁の持ち主です。

そんな悪縁の持ち主の存在に気付き、その人物が誰なのか探り当てるというのはとても困難な事です。

 

今回は、私の体験談をもとに悪縁の特徴、関係の深まり方、縁切り方法をご紹介します。

影響力の強い人物が必ずしも結ばれるべき相手ではないということを頭の片隅に入れて、上から順番に記事を読み進めていってください。

自分を不幸にする悪縁の特徴

自分を不幸にする悪縁の特徴は、大きく分けて4つあります。

大カテゴリ・小カテゴリ別に悪縁の特徴をまとめてみたので、以下をご覧ください。

 

1 本心をさらけ出せない

悪縁に対して本心をさらけ出そうとしても、何らかの理由で素を見せられません。

漠然とした緊張感や恐怖心に邪魔をされて本来の自分を開示できなくなるのです。

・会話する時は肩に力が入ってしまう。

・“ちゃんとしなきゃ”と思わされる。

・自分の演じ方を考える。

・相手好みの受け答えをしなければならないという義務感を感じる。

特定の人物と接する時に上記の考えが頭をよぎる場合、その人は悪縁に違いありません。

なぜなら、抵抗感なく自然体で振る舞えない以上、あなたは不幸になるからです。

 

2 お金が減っていく

仕事が変わったわけでもないのにお金が減っていくのは、悪縁に影響されているからです。

あなたの暮らしぶりは、特定の相手と知り合った瞬間から荒れていませんか…?

・その人と遊ぶ時はいつも散財してしまう。

・相手に奢る機会が急激に増えた。

・貯金が馬鹿馬鹿しく思えてしまった。

・飲み代や交際費といった出費が収入を上回るようになった。

上記のように、自分の身の丈に合った収支バランスが保てなくなったら、それは近くに悪縁がいる証拠です。

あなたのお金を減らして浪費・借金をさせるのは、悪縁のもつ特徴といえます。

 

3  成長の妨げになる

人は自分自身で選択と決断を繰り返し、成長していきますよね。

しかし、悪縁はその成長を妨害する特徴をもちます。

・順調だったはずの仕事が行き詰ってしまった。

・その人と交際し始めてから物事への闘志が消えうせた。

・ラクな道ばかりを選ぶようになった。

・真面目に勉強する姿勢が薄れてしまった。

上記のような変化を自分自身の中で体感したら、悪縁対策を始めなければ不幸になります。

成長する姿勢のない人間は、この世に行きづらさを感じてしまうからです。

4 自己肯定感が下がる

悪縁と接する時間が長くなるにつれて、自己肯定感が下がります。

自分の良い面も悪い面も受け容れて“愛す”ということができなくなるのです。

・その人といると自分が2番手だと痛感する。

・自分がいかに才能のない人間かを思い知らされる。

・相手と違って自分には何の取柄もないように感じる。

このように感じてしまうのは、悪縁の持ち主があなたを比較対象にしているからです。

実際に1つも取柄のない人間などいません。

そう思わされているにすぎないのです。

都合のいい比較対象としてしかあなたを扱わない悪縁とは早々に縁を切りましょう。

【体験談】悪縁に染められた私の違和感だらけの恋愛

ここでは、悪縁に染められた筆者(私)の違和感だらけの恋愛体験談をご紹介します。

胸の高鳴りや幸福感という感情や恋する乙女の表情というものは、好きな人の前でしか表せないものだと思っていたのですが、どうやら違ったようです。

悪縁の持ち主がもつ強大な影響力に左右されている瞬間にも、“傍目には幸福にみえる表情”をすることはできたのです…。

当時、恋愛体質だった私は、営業セミナーで知り合った彼に一目惚れをしました。

ディスカッションの場でも彼と同じ班になり、度々目が合い、その日に私の方から食事に誘ったのです。

彼は突然の誘いにもかかわらず快諾し、二人きりで3時間近く夢や目標について話し込みました。

その後、数日間続いたセミナーが最終日を迎えた時、今度は彼の方からドライブに誘ってきます。

すっかり彼にぞっこんだった私は誘いに乗り、深夜にもかかわらず、彼が指定した海へとついていきました。

 

ここで問題が発生しました…。

車を降りて彼に手を引かれるままに海辺へと向かった矢先、私は頭痛を起こし、霊体を見てしまうのです。

霊感のある私は、暗い場所や深夜帯に行くと度々こうした症状に見舞われます。

彼に事情を話し海辺を離れたいというと、急に怪談をし始めました。

「やめて」と伝えても話を止めてくれることはなく、彼はひたすら楽しそうに私を覗き込んでいました。

 

そこから何とか無事に家に着いたのですが、翌日以降も夜・深夜帯にかけて彼からの連絡が相次ぎます。

彼を想う私は電話がくれば何時でも応答してしまい、夢・目標に向けた勉強は日増しに遅れていきました。

電話越しに声を聞くだけで胸が高鳴り、他のことが手に着かなくなってしまったのです。

それでも、彼と恋人関係になることはありませんでした。二人きりで遊んだ時にキスをしてきたにもかかわらず、彼は私のことを“人としては好き”と言い続けたのです。

 

私は行き場のない恋心を持て余し、彼に好かれるための自分を演じ始めました。

そんなある日、隣人の霊媒師から“悪いものに引っ張られている”と指摘され、お祓いをしてもらいます。

そして霊視の結果、悪縁の持ち主の特徴が彼にそっくりなことが判明したのです…。

お祓いを受けた後は、彼に会いたいという気持ちそのものが薄れ、連絡が来ても返さなくなりました。今はもう完全に縁が切れている状態です。

強い影響力をもつ悪縁を断ち切れたのは、お祓いがあったからかもしれません。

あのまま恋に恋していたらどうなっていたことか、と今でも寒気がします。

悪縁との関係の深まり方

悪縁との関係は、短期間のうちに深まります。

初対面とは思えないほどに懐かしく新鮮味に溢れていることもありますね。

だからこそ、悪縁と接触した時に“恋かも…”と勘違いしてしまうのです。

筆者もその1人でした。

 

自分が惑わされやすい相手ほど、関わってみたくなるものですよね。

一気に懐に入り、あなたの弱みや恋心につけ込む人物がいたら注意してください。

長く関われば関わるほど不幸になり、心身ともに疲弊してしまいます。

一刻も早く災いをもたらす悪縁との関係を切り、良縁の持ち主を探しましょう。

悪縁を踏み込ませないたった1つの縁切り方法

悪縁を踏み込ませないたった1つの縁切り方法とは、“物理的な接触を断つ”です。

直接対面、LINE、電話を通じて関わり合っている限り、お祓いをしても絶縁できません。

相手に絶縁することさえ知らせず、あなたの方からひっそりと離れるしかないのです。

 

悪縁がいる限り幸福な人生はやってきません。

ならば迷っている暇なんてないと思いませんか?

縁を切ることをためらわず、いち早くあなたの人生を取り戻しましょう。

 

 

 

-心霊体験コラム, 日本の呪い