人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

日本の呪術・黒魔術・心霊スポット・オカルト・藁人形・復讐の呪い・恋愛の呪い

心霊スポット

【関西厳選心霊スポット】有名な飛び降り自殺スポット『落合橋・赤橋トンネル』(京都市右京区)

2018/02/18

今回ご紹介していく心霊スポットは、京都の観光名所でもある保津川下りを行っているすぐ脇にある橋なのですが、飛び降り自殺が多発している自殺の名所でもある場所、【落合橋・赤橋トンネル】についてご紹介していきたいと思います。

この落合橋・赤橋トンネルは、保津川下りでも下っている桂川へと合流する川『清滝川』に掛かっている橋の落合橋と、その落合橋の先が赤橋トンネルとなっています。
元々この周辺は、鳥葬の行われていた地で、無縁仏などもその多くが、野鳥に食われて葬られた者も多く、辺りには肉片が飛び散っていたといういわく付きの地であり、また落合橋・赤橋トンネルは、飛び降り自殺の名所となっており、この橋から清滝川に向かって飛び込む人が後を絶たず、常に献花があるようないわくつきの場所となっています。

最寄の交通機関としては、嵯峨野観光線の【トロッコ保津峡】駅より徒歩で約10分程の所となっています。
車やバイクの場合は府道50号線、いわゆる周山街道の途中にあり、有名な化野念仏寺を越えた先の三叉路を左折して府道50号線に入り、あとは道なりに進み清滝川と桂川の合流点にかかる橋が落合橋で、その先に見えるのが赤橋トンネルです。
府道50号線に入る三叉路を右折すると、有名な心霊スポットの清滝峠にある【清滝トンネル】に着きます。
≪京都府京都市右京区嵯峨清滝深谷町≫

〇遭遇する心霊現象

この落合橋・赤橋トンネルにて遭遇すると言われている心霊現象は、有名なものとしては、『赤橋トンネルの中に自殺者の霊が多佇んでいる』、『落合橋から繰り返し飛び降り自殺している霊がいる』、『鳥葬された者の霊が落合橋・赤橋トンネルに横たわっている』といったものが有名です。
それ以外にも、この辺りでは、川辺でバーベキューが出来るのですが、その時に川で水難事故に合って溺れて水死してしまう人がとても多いのですが、水位としては、さほど深く無いのこの辺りで水難事故が多発しているのには、『川で泳いでいると足をつかまれて川に引きずり込まれる』という話があり、自殺者・水死者・鳥葬された者の霊が、生者を妬み、嫉妬から川に引きずり込んで溺れさせてしまうからだと言われています。

〇心霊現象が起こる場所・時刻・注意点

心霊現象が起こる場所としては、周辺区域全域なのですが、多くは『落合橋の中頃』、『赤橋トンネル内』、『周辺川原』での目撃・遭遇が多くなっています。

時刻的な制限などは無く、もちろん日暮れから深夜帯にかけて時間帯の方が現れやすいかもしれませんが、日中でも多くの遭遇や目撃があり、数少ない日暮を待つ必要のない心霊スポットとなっています。

注意点としては、赤橋トンネルを抜けた脇にある飛び降りスポットの崖肌は、足元も悪く大変危険ですので、注意が必要です。

〇心霊スポット概要

この落合橋・赤橋トンネルは、桂川へと合流する直前の清滝川に掛けられた橋とトンネルで、この辺りは、その昔鳥葬地で無縁仏の墓地も多くあります。
多くの無縁仏は、この地で鳥葬によって埋葬されていたのですが、その無念や怨みなど負の感情が渦巻いているこの場所に、引き寄せられてしまう人も多く、その為か落合橋の上や、赤橋トンネルの手前にある川原へと降りる途中の崖から、飛び降り自殺をする人が後を絶ちません。
こうして、無念・怨念・怨恨・怨み・辛みなどの負の感情が更に渦巻き最恐の心霊スポットへと進化を遂げて行った、心霊スポットとなっています。
この落合橋・赤橋トンネルで飛び降り自殺した、自殺者の遺体は、清滝川から桂川へと流されて、有名な観光地、京都嵐山の『渡月橋』の手前にある柵に引っかかります。
今でも朝早くに渡月橋を訪れると水死体が柵に引っかかっている事があります。
また渡月橋では、この『水死体の霊が出る』とのうわさがあるのですが、それはまたの機会にご紹介したいと思います。

当サイトの紹介記事は肝試しによる犯罪行為を助長するものではありません。肝試しによって心霊スポットを訪れる場合は、各個人の責任で訪れて下さい。当サイトでは、一切の責任を負いかねます。また肝試しを行った事による心霊現象等のクレームも責任は負いかねますのでご了承下さい。公共の場では、肝試しなどによる心霊スポットの不法侵入や住居侵入・ゴミのポイ捨て等の犯罪行為にあたらない様に十分気を付けてマナーを守った上で行いましょう。

-心霊スポット
-, ,