人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

日本の呪術・黒魔術・心霊スポット・オカルト・藁人形・復讐の呪い・恋愛の呪い

恋愛成就の呪い 海外の呪い

昔の恋人とのよりを戻す呪術

2019/08/30

昔の恋人に未練があり、どうしても前のようにその相手とともに幸せな時間を過ごしたいあなたはは呪術でよりを戻す方法があることを知っていますか?

昔の恋人というのは多かれ少なかれ心のどこかに残っています。もしも今昔の恋人を忘れられなくて苦しい、よりを戻したいと考えている方は安心してください。

 

今回紹介する方法を知り、実践すればよりを戻すことが可能になります。そしていつまでもその相手の気持ちが自分にあるようにするための方法をご紹介します。

昔の恋人とよりを戻す、5本指の呪い

ある有名な占い師が最も多かったと語る相談は、やはり恋愛関係でした。

その中でも一番の内容が、「別れた恋人ともう一度付き合いたい」というものだったのです。5本の指の呪いを使えば、この願いは叶うでしょう。

 

この呪法に使うものは、相手の持ちものと金の輪のみです。

まず、相手の持ち物を握り、右手で金の輪に向かって「5本指の呪い」をかけます。

「5本指の呪い」とは、まず右手を開き、自分の顔の前に持ってきます。

そして、親指を手の平の中央にうつします。

次に中指を親指に引っ付ける。さらに薬指、人差し指、小指を親指につけます。

その後金の輪を持ってあなたの家の玄関から見て相手の住む家の方向に向かって107歩歩き、その場所で金の輪を捨てます。

そうすれば相手はあなたの元へ戻ってくるでしょう。

恋人の心を自分の元にとどめておく、ミレッタの愛呪

昔の恋人とよりを戻すことに成功すれば、今度はもう相手が自分から離れていかないようにとどめておく必要があります。

恋人の心をあなたに惹きつけておくための呪術が「ミレッタの愛呪」です。

ミレッタとは紀元前をはるかにさかのぼったバビロニアの女神で、「ミレッタの愛呪」は呪術師たちによって伝えられていきました。

 

この呪法を行うのに必要なものは、白紙で作った大小のミレッタ像です。

大きい方のミレッタ像の裏にはばってんを描き、相手の名前を書きます。

そして日曜になろうとしている土曜の夜に小さい方のミレッタ像を自然の火で燃やして灰にします。

燃え尽きる間に、3回「ミレッタ・ラッ・ハール」という呪文を唱えます。

大きい方のミレッタ像はいつも肌身離さず持っておきます。そして1日に1回は先ほどの呪文を1回は唱えましょう。

この呪文の意味は、「女神よ、彼をとどめよ」という意味です。

恋愛を最高の状態にとどめておく、ルーンのイスの呪術

あなたのその恋の最後の仕上げに「ルーンのイスの呪術」を行うのはどうでしょうか。

「この人が自分にとって最高の人だ」という相手との相手はすべてがうまく気がします。

しかし、恋愛というものはうまくいかないこともあり、不安がよぎることが多いでしょう。

せっかくよりを戻したのに最高の瞬間をいつまでもつ続かせられないことは悲しいことですよね。

この呪術はあなたとあなたの恋人が一生最高の状態を続かせられるようにすることができるものです。

 

その方法はいたって簡単です。あなたと相手の名前を白い紙に書き、その名前の右と左に縦線を一本ずつ引きます。

その紙を持ち、二人で1回ずつ「イース」と唱えれば、二人の恋愛は一生最高の状態で続くようになるでしょう。

ただし、あなたのその恋愛はまだ最高の状態ではないかもしれません。

この呪術はその今の状態にとどめておくものですから、恋の発展を止めてしまうとも言えます。早とちりは禁物です。

 

どうでしょうか。これであなたは昔の恋人とよりを戻し、その恋愛をいつまでも最高の状態のままにとどめることができるでしょう。

相手とよりを戻したい、もう一度最高の時間を過ごしたい。そのためには何か行動を起こす必要があります。

何かをしようと思ってここに訪れたあなたはその願いを叶える資格を十分に持った人です。

呪術とはその人の意思によって効果が異なり、強い意志を持った人ならば大きな効果をもたらし、弱い意志を持った人ならば弱い効果しかもたらしません。

呪術は結果はもちろんですが、行動を起こした、決断し実行したという事実が大切なのです。

 

 

 

-恋愛成就の呪い, 海外の呪い