人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

日本の呪術・黒魔術・心霊スポット・オカルト・藁人形・復讐の呪い・恋愛の呪い

海外の呪い 都市伝説系

古より現代にまで伝わる魔術とその概念

2019/08/17

魔術とはいったい何だろうか、本当に効果はあるのか、どんな原理で行われるのか。

深く考えるとこのような疑問が浮かんでくるものでしょう。

 

魔術の歴史は人類の誕生と同じぐらいには古く、種類も白魔術、黒魔術、自然魔術……数えきれないほどたくさんあります。

今となってはその多くが廃れてきていますが、現代にまで受け継がれているものも確かにあるのです。

魔術の持つ体系的な概念

このように数多くある魔術に共通している物とは何でしょうか。少し考えてみてください。

 

それこそが魔術の基礎「この世に存在するものは、相互に影響し合う」ということです。

星の動きが地上に影響を与え、人間の運命や雲の形、鳥の飛び方と関係しています。

逆に考えると、人間の行動や念によって外界に影響を与えているということにもなるのです。

 

このような影響は人間が五感で感じられるような物ではなく、もっと高次元の世界で起こっていることです。

魔術とは、このような高次元での影響を利用し、人間の思う通りの結果を生み出すものといえるでしょう。

人間の行動や念が外界に影響を及ぼすなら、ある特定の行為を行ったり、強く願うことで思い通りの結果をもたらすことも可能になります。

そしてその技法こそが「魔術」と呼ばれたものなのです。

召喚魔術 古代から現在までの召喚

「召喚魔術」。

これは魔術魔法の一つであり天使や悪魔、神通力を持つ超自然的なもの、精霊などを呼び出し、それらを使役し目的を達成するというものです。

呼び出したものと契約を交わしたり、直接交渉したりしてその力を利用するのだとイメージしてください。

 

一般的には天使などの善良な存在を呼び出すものを白魔術と呼び、悪魔などの邪悪な存在を呼び出すものを黒魔術と呼びます。

死者の霊を呼び出すのは降霊術と呼ばれ、3世紀に新プラトン学派では召喚魔術を降霊術と呼ばれることもあった。

 

この魔術の起源は古く、西洋では起源2世紀に書かれた「カルデア人の神託」に召喚魔術についての技法が書かれています。

古い歴史を持つ召喚魔術だが、近代でもレヴィやクロウリーなどの魔術師の多くが召喚魔術を行っているのです。

錬金術 アダムから伝わる秘法

錬金術は一度は耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

錬金術も立派な魔術です。

卑金属にとある人為的な操作を加えることで、金銀などの貴金属に変えるといえば魔術だとわかるのではないでしょうか。

 

錬金術の起源は古代中国の煉丹術だという説も存在はします。

しかし西洋ではエジプトのヘレニズム期にはすでにパノポリスのゾシモスなど有名な錬金術師が存在していました。

 

中世の西洋では、世界に存在するすべてのものは、4つのエレメント、地水火風から構成されると考えられていました。

その構成を人為的に変えて、別の物質に変えることが理論的に可能であったのです。

有名な錬金術師のフラメルやシュバイツァーが実際に卑金属から貴金属への連勤に成功したという逸話が残されています。

また錬金術は中世のヨーロッパでも盛んにおこなわれていてその実験を通じて数多くの化学物質が発見され、科学の進歩に貢献してきたのである。

自然魔術 ミクロコスモスとマクロコスモス

中世のヨーロッパではミクロコスモスである人間はマクロコスモスである宇宙の縮図であり、その両者の神秘的なエネルギーが影響し合っていると信じられていました。

砕けた説明に翻訳するならば、人間の中には内的宇宙(ミクロコスモス)が存在します。

このミクロコスモスは実際に存在する宇宙(マクロコスモス)の縮小版であり、この2つの宇宙はお互いに影響し合っているというのです。

これはヘルメス思想の中心的な考え方で、このような神秘的なエネルギーの影響を利用して魔術的な効果を得ようというのが自然魔術なのです。

 

自然魔術には古代ヨーロッパのドルイドの魔術、宝石や薬草、さらに各種の占いが使用されてきました。

また、目に見えないエネルギーということで磁石の作用は自然魔術でも重要視されていました。

 

ロバート・ボイルやアイザック・ニュートンなどの近代科学の元祖ともいわれる人物もこうした考えを抱いており、フランツ・アントン・メスメルの動物磁気説も自然魔術の影響関係が実在する根拠と考えられ、後の魔術師は大きな影響を与えることとなります。

自然界の鉱物、植物に関する知識を利用するという意味で自然魔術には現代医学の先駆けとなる技法も含まれてはいました。

自然魔術は善良な魔術で、白魔術に分類されることが多いが、他人を呪ったりして邪悪な目的で用いられることもあり、黒魔術ともなりえます。

 

魔術の系統について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

今回紹介した魔術はほんの一部分でしかありません。

それほどまでに魔術というのは長い歴史の中で発達してきたものなのです。

 

科学で証明できないことも数多くあります。

しかし古代の魔術師から現代の魔術師にまで伝わって来た技術は決してインチキではなく、理論に基づいて洗礼されてきたものなのです。

自然魔術が医学に通じるものがあるように、魔術は現代の技術にも影響を及ぼしています。

人間にとって魔術は不必要で科学のみを信仰する、というのは些か早計ではないでしょうか。

 

 

 

-海外の呪い, 都市伝説系