人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

日本の呪術・黒魔術・心霊スポット・オカルト・藁人形・復讐の呪い・恋愛の呪い

都市伝説系 降霊術

恐山にいるイタコの口寄せ降霊術は本物なのか

2019/08/17

一般に生きる者たちにとって、死とは今生の別れに違いありません。

しかし現代に生きる人間の中には、死者と対話ができるという者たちも存在するのです。

イタコと呼ばれる者たちもその一人です。イタコたちは独自の技術を用いて死者と対話し、依頼者の望みを叶えるとされています。

 

今回はイタコを題材として本物なのか偽物なのか、その真偽を討論したいと思います。

山奥に存在するイタコとは?

イタコは日本の東北地方の北部で口寄せという降霊術を行う巫女であり、信仰習俗上の職です。

恐山は古来より霊山とされ、多くの修行者が訪れる場所です。

また、恐山にいるイタコは口寄せ降霊術により、死者の魂を降ろし、生者と対話させることが出来る存在です。

イタコの降霊術は本物?偽物?

イタコの口寄せ降霊術が本物か偽物か、と言う話に限って言えば、本当に口寄せ降霊術ができるイタコは殆どいないと言って良いでしょう。

しかし口寄せ術が成功したという例もあります。

 

恐山には複数名のイタコがいますが、二人のイタコに同じ人物を連続して降ろしてもらったところ、2度目の場合でも「よく呼んでくれた」といった、同じような話を繰り返したという実例があります。

また、かつてマリリン・モンローの霊を降ろした際、見事な下北弁で話し始めた、という話もあります。

 

ただし、それらのことから「偽物の霊能力者」だと非難するのは、あまり良いことではありません。

イタコの口寄せ降霊術とは、いわば一種のカウンセリングなのです。

恐山を訪れる訪問者のほとんどは親しい人間、特に子供を早くに亡くし、悲しみに暮れている人々です。

そういった人々に、形だけであっても故人と対話してもらい、「自分は大丈夫だから」と残された人々へ伝えることで、悲しむ人々に前を向かせる、といった効果があるのです。

実際に、降霊術が本物か否かに関わらず、それで心を救われた人々は多数存在している以上、それを間違ったことだと断罪するのは、あまり良いことではないでしょう。

 

また、全てのイタコが偽物であるという根拠もありません。

イタコの中でも特に高齢の方の中には、故人との対話の中で、本人しか知り得ないことを次々と残された人々へ伝えた、という伝説的な人物もおられます。

はたしてこの話は偶然なのでしょうか?

 

このような霊的な現象について本物か否かという問題はこれから先も付きまとってくる事と思います。

これらのことから考えて恐山のイタコは、本当に力を持っている人間は少ないが、中には本当に口寄せ降霊術を使える人もいる、ということになるでしょう。

また、実際には力を持っていない人々も、カウンセラーとしての役割は果たしていると言えるでしょう。

ですから恐山のイタコに関して言えば、本物か否かということは大きな問題ではないと言えるでしょう。

結論は自分自身の中に

霊というのは信じる人にしか見えないものであり、頭の固い科学者など以外は心のどこかで霊はいるかもしれないと思っている人がほとんどでしょう。

イタコの対話も信じる人しか信じないのです。

ならば、降霊術や口寄せなどの霊的な現象が本物か否かという議論はタブーなのではないかと思います。

 

そんなタブーを今回はあえて取り上げてみることにしました。

信じる人はそのままでいいし、信じない人もそのままでいいのではないでしょうか。

この両者の争いは非常に醜いものです。

本物か本物でないかは自分自身の心の中にとどめておくのが一番なのです。

 

 

 

-都市伝説系, 降霊術