日本の呪術・黒魔術・心霊スポット・オカルト・藁人形・復讐の呪い・恋愛の呪い

人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

占い・スピリチュアル 心霊体験コラム 都市伝説系

世界の影に潜めいた魔術結社3選

世界には、有名な魔術師を創設者とする様々な魔術結社がありますよね。

その多くは実態を知ることのできない“秘密結社”となっていますが、知名度の高い団体は活動内容などを各所で一部公開しているものです。

 

そこで今回の記事では、世界の魔術結社のうち3つを厳選紹介します。

ファンタジー小説の中でしか見聞きしたことのない秘密の団体について学びましょう!

【イギリス】黄金の夜明け団

世界の魔術結社の中で最も有名なのは、“黄金の夜明け団”です。

19世紀末のイギリスで創設されたこちらの団体は、西洋魔術の原点を築きました。

 

ウィリアム・ロバート・ウッドマン、ウィリアム・ウィン・ウェストコット、マクレガー・メイザースら3名を創設者とする黄金の夜明け団が有名になったきっかけは、当時の欧州で流行していた“神秘主義思想”に基づいた理念を持ち合わせていたからです。

同団体の参加者名簿には、ノーベル文学賞の受賞者であるW.B.イェイツや20世紀を代表する魔術師であり彼の有名な魔道書「法の書」の執筆者アレイスター・クロウリーなどが名を連ねていました。

そのほか、絶世の人気を誇った舞台女優のフロレンス・ファーやアイルランドの革命家兼女優として名高いモイナ・メイザースらも次いで黄金の夜明け団の参加者となりました。

今でこそ多様化する西洋魔術も、当時は特殊能力をもつ人材のみによって展開される“サロン形式の団体”が主流だったわけです。

【アメリカ】暁の星

黄金の夜明け団がメイザース派とファー派に分裂した頃、アメリカで“暁の星”という魔術結社が創設されました。

暁の星を執り仕切るのは、ファー派を率いるフロレンス・ファーであり、社会的体面を重んじる魔術的思想を展開していったとされています。

しかしその直後、ファーは暁の星を退団し、代わりにブロディ・イネスとロバート・ウィリアム・フェルキンらが代表の座に就きました。

その後も多くの分裂を繰り返し、暁の星は多くの団員を失いました。

元団員らは儀式的な魔術のあり方を批判し組織を再編したり、既存の別団体へ再加入をし直したりと目まぐるしい活動を展開していたようです。

【ドイツ】薔薇十字団

17世紀初めのドイツで知名度を上げた“薔薇十字団”は、ヨーロッパ圏の魔術的思想を取りまとめたような魔術団体でした。

C.ローゼンクロイツを開祖とし、以下のような4つの文書を公表しています。

・『全世界の普遍的・総体的改革』

・『薔薇十字団の伝説』

・『薔薇十字団の信仰告白』

・『化学の結婚』

これら4書の販促ならびに普及運動に努めていたのは、J.V.アンドレーエであり、当時のヨーロッパ圏の再生を目的としていたようです。

こうした活動を行う傍らには、かの有名な小説家・シェークスピアや「我思う、ゆえに我有り」という言葉や方法的懐疑の生みの親、哲学者デカルトらがいたとされ、19世紀末の象徴主義にも大きな影響を与えたとされています。

 

私たちの世界を形作ってきた先人たちの中には、魔術結社の開祖も含まれまれていたのです。

先人たちは現代の私たちにあまりにも多くのモノを遺しました。

物事の変化の影には"Who done it?"なぜ起こったのか、"How done it?"どのようになされたのか、という事は必ず付きまといます。

そして大きな集団とはたいていの場合、社会に対して影響を与えることの出来るような力が集まるのです。

 

過去現在、そして未来の世の中の変遷を知り予想するという意味でも、こうした団体について学ぶことが大切だといえますよね。

 

 

 

-占い・スピリチュアル, 心霊体験コラム, 都市伝説系

Copyright© 人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.