日本の呪術・黒魔術・心霊スポット・オカルト・藁人形・復讐の呪い・恋愛の呪い

人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】

心霊スポット

【関西厳選心霊スポット】史跡しおき場の側にある関西屈指の恐場『野間トンネル』(大阪府豊能郡)

今回は、TV番組や、メディアでも数多く取り上げられている、関西でも屈指の心霊スポット、【野間トンネル】について、詳しくご紹介していきたいと思います。

この野間トンネルには数多くのいわくがあるのですが、野間トンネルのある野間峠一帯は、その昔処刑場だった、【しおき場】があり、『地獄谷』や『生首谷』と呼ばれていた地域です。

アクセスとしては、正直最悪の立地で、公共交通機で行こうとすると、能勢電鉄の【妙見山】駅下車より約2.5㎞程で、徒歩だと約40~50分程掛かる距離となっています。
距離や、最寄駅からのアクセスの悪さを考えると、やはり車やバイクで訪れるのが現実的な方法かと思います。
しかしながら、周辺の道路、『国道477号線』・『国道173号線』・『府道4号線』はそのどれもが、峠道なので、曲がりくねっていたり道自体が細いので、注意が必要な危険な心霊スポットです。
~ページ下部に地図記載~

〇遭遇する心霊現象

ここ野間トンネルにて起こると言われている、有名な心霊現象としては、
・『白い服の女の幽霊が現れる・トンネルの中腹で佇んでいる』
・『浮遊する生首』
・『首のない武士の幽霊』
・『野間トンネル上部より出てくる無数の白い手』
といったものが有名なものとなっています。
もちろん、これ以外にも心霊写真なども良く撮影される様で、妙見山自体が霊山なので、浮遊霊も多く存在する様です。

〇心霊現象が起こる場所・時刻・注意点

基本的には、野間トンネルの出入り口周辺と内部となります。
また野間トンネルを西側に200m程下ったところには、【しおき場】があり、こちらも強力な心霊スポットの中心地となっています。

時刻的な制限はありませんが夜間のがやはり、心霊現象の発生確率や、霊との遭遇確率はやはり高いです。

注意点としては、道が悪く崖の様になっているので、道を外すととても危険ですので、間違っても夜間に周辺の散策などはしない方が良いでしょう。
また、交通量も日中から少ない道路なので、通りがかりで助けてもらえない可能性も高いです。
そして峠道は、ヘアピンカーブも多く事故も多発していますので、車で訪れる際は、くれぐれもお気をつけて訪れる様にしましょう。

〇心霊スポット概要

この心霊スポット、【野間トンネル】は、戦国時代まで実際に使用されていた処刑場【しおき場】があり、かつて『地獄谷』『生首谷』と呼ばれていた程の、いわくつきの霊山『妙見山』にある心霊トンネルで、しおき場の直ぐ近くにあります。
この野間トンネル自体には、これと言った心霊現象の元となるいわくは無く、この野間トンネルが心霊トンネルとなって行ったのは、すぐ脇にある『しおき場』の影響で、野間トンネルで起きる心霊現象の殆どは、元凶がしおき場にあると言われています。
またこの辺りの道、国道477・173などは、付近の地元民の間では、『国道では無く酷道』などと言われる程に、道が狭かったり、急カーブが多かったりと、とても道が悪いので事故の多発地域ともなっています。
この事故が、道が悪いせいなのか、はたまた野間トンネルやしおき場の、霊たちの仕業による事故なのかは、ハッキリとはしませんが、事故の多い道路であると言う事は、また新しい怨念も多く溜まっていってしまうので、こうして強力な心霊スポットとして、昇華していっているのでしょう。

当サイトの紹介記事は肝試しによる犯罪行為を助長するものではありません。肝試しによって心霊スポットを訪れる場合は、各個人の責任で訪れて下さい。当サイトでは、一切の責任を負いかねます。また肝試しを行った事による心霊現象等のクレームも責任は負いかねますのでご了承下さい。公共の場では、肝試しなどによる心霊スポットの不法侵入や住居侵入・ゴミのポイ捨て等の犯罪行為にあたらない様に十分気を付けてマナーを守った上で行いましょう。

≪大阪府豊能郡 能勢町野間中≫

-心霊スポット
-, ,

Copyright© 人を呪う方法・魔術実践研究サイト【丑の刻呪術研究会】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.